てぬきランチ

日曜のお昼、泊まり勤務あけの夫へのランチは焼きそば。焼きそばってなんか手抜きな感じするんだけど
どうなんでしょう?なぜか焼きそば、カレー、ってあまりつくりません。。なんでかな?手抜きだと
自分で思ってしまうからつくらないのかな?
どちらも好きなんですけどね。

IMG_3811.jpg

新しい食器をシリーズ使いしてみた!夫は相変わらず気づいてないみたいだったけど・・・
焼きそばwithかぼちゃコロッケと人参・ピーマンのサラダ、お梨。

泊まり勤務のときは朝ご飯を適当なものしか食べないか、忙しくて食べることができずにそのまま
過ごしてしまうらしいので、こうして休日に勤務明けでかえってくるときにはちょっとボリュームのある
ランチにします。

夏休みがおわって、初めて一緒に過ごす休日でうれしいです♪♪
といっても、とりあえず夫がお昼寝から目覚めるまではじーーっとしてますが。。
目覚めたら日用品を購入したり、冷蔵庫の野菜室の補充のためにお出かけだ〜〜♪
今夜は焼いたサンマとサンマのお刺身を食べて、焼酎をのみたいとおもっています!!!!!

【おまけ】
イタリアで実家へのおみやげとして買ってきたお皿、つかってくれていました♪

IMG_3810.jpg

うーん、お梨や柿が、秋!!っていう感じだな〜。お梨も柿も、少しもらって帰ってきました。
スポンサーサイト

サンドイッチハウス メルヘン

品川駅で、とってもおいしそうなサンドウイッチやさんを発見。

IMG_3802.jpg

わたしはフルーツサンドが大・大・大・大好きなんです。
(ついでに、あのコンビニやスーパーにある、マーガリンと小倉あんをはさんだコッペパンも大・大・大好き。)
一度「おぐらサンド」を買ってみたら、とってもやさしい味で、食感も軽く、おいしい〜〜〜!!と
とりこになってしまいました。次はラムレーズンを買おう!と思ってある日買う気マンマンでいったら
売り切れ!!がっくり・・・

そして週末、どうかな〜と帰りにのぞいてみたら、まだたくさんあったので、喜びいさんで買って
帰りました。

IMG_3804.jpg

買ったのは、ラムレーズンといちじく。

ラムレーズンは、重たくない生クリームに、ラムにしっかり浸された大きめのレーズンがごろごろ入っていて、
大人の味でした。ワインにあいそうな味!これはまた買ってしまいそう。本当においしいぃぃぃ。

IMG_3806.jpg

いちじくのほうは、大きくてちょうどよく熟している、ほんとうにジューシーな実をざくっと切って
つめてあります。こちらもさわやかな味。夫にも朝食に出してあげて「いちじくどうだった^^?」
って聞いたら「うん?ああ、あれいちじくなのね〜うん、たぶんおいしかった」って(笑)!
どういうことなの(笑)!!

エキュート品川サウスにあります。つぎは何を買おうかな♪

【おまけ】
のっぽさんが好きなパパのために、大量買いして実家にもっていきました。

IMG_3803_20140929122350822.jpg

むかしはクリームとピーナツしかなかったのに、いまではチョコとかじゃりじゃりメープルとかある!
パパ喜んでくれました^^

駐車場がとりあえず完成!

週末実家にいったら、駐車場がほぼ完成していました!

IMG_3808.jpg

ピンクのお花のようになっているところには、LEDライトが埋め込まれるのだそう。

IMG_3809.jpg

いままで白線だった区切りは、ブロックに。

IMG_3807.jpg

いちおう完成だけど、まだ車の乗り入れはダメで、コーンがおいてあります。
家の車も、近くの駐車場へおいてあります。

そして、帰り際に「これからこの通用門をつかうのよ〜〜」と言われてハテ?そんなもんつくったの?
と思いながら案内された場所をみたら、本当に通用門ができていました。
これからまだシャッターをつけるのだそうで、シャッターをしめきった時に出入りする出入り口なのだそう。
どんなシャッターがつくのかな?わたしはアイアンのシャッターがいいなあ。

マリメッコネイル 少しは秋なかんじ??

これまでに1度自分の中でのブームをむかえたマリメッコネイル、最初はネイルシールを使用
していましたが、つい最近は手描きでも花をかけるようになり、2ヶ月連続でマリメッコでした。
イタリア旅行にいくときにも、ちょうどネイルチェンジの時期だったのですがマリメッコに。

今月はカメリアネイルにしようと思ってやったのですが、なんかいまいちカメリアっぽく見えない。
※色はともかく、カメリアネイルっていうのは以下のようなものです。

SN3L03670001.jpg

a0083478_25101.jpg

(ネットで画像をひろいました。)

どれだけやっても、うまくいかない。衛生的なことと、ピアノを弾くことから私は爪を短くしている
のですが 短い爪=面積が狭い に描くには、もしかしたら適していなかったのかもしれない。。。

ということで、また同じなんですが、マリメッコネイル。
ベースが透明だとどうしても夏っぽくなってしまうので、ピンクベースにして少しだけ秋っぽくして
みました。

IMG_3797.jpg

こんどはお花をピンクにしてみました。まろやかマリメッコ。

ところで、カメラの「ソフトフォーカス」という機能をつかってみました。
これで撮ったのが以下の写真。

フラッシュあり。

IMG_3799.jpg


フラッシュなし。

IMG_3800.jpg


この機能はいつつかうといいんだろうな〜〜〜〜〜www?わからないww

焼肉丼

夫の職場用PHSで朝早く飛び起きた今日のお夕食は、お手軽な焼肉丼に。
(このPHSヘンな音で鳴るんですよね〜。ピョリピョリピョリピョリ!って。高音で。すごくびっくりする。)

IMG_3777_201409241222259f4.jpg

焼肉丼、きゅうりとわかめの酢の物、焼きシイタケ、冬瓜とシイタケのお味噌汁、冷や奴(でかい!)、
にんにくの素揚げ。などなど。

IMG_3778.jpg

夫のです。この丼ものをするときに、いい器がないかな〜って探していました。
ほんとうは蓋つきがよかったけど、この色も形もきにいったから、これはこれでよかったです♪

夏がおわってビールのベストシーズンが去り、最近は麦焼酎を水割りにして飲んだりしています。
濃さを調整できるから、平日でも夫が飲んだりして、さらに私もビールを飲むスピードで次!次!次!
と飲まないので、とてもいいです。

県民・市民なら知らないひとはいない商品?!

今住んでいるところは、実家のある市からもっと西よりなのですが、県は同じ。そんなわが県出身の
(ある一定の年齢以上の)人なら必ず知っているであろう製品!と言えば、まずは「黒はんぺん」です。

小学校の家庭科の授業で、はんぺんをつかった調理実習があったのですが、教科書を見たら白いはんぺん
を使っていて、「これなんだろう・・・?」って思いました。コンビニでおでんを売るようになってからは
「これが白いはんぺん!!」と感動し、両親にねだって買ってもらったりしていました(笑)。
今でも白いはんぺんには少し興奮します。あのふわふわな感じ。黒はんぺんにはないです。でも、黒はんぺん
大好き。

つぎにあげますのは、これ!!のっぽさん!

IMG_3775.jpg

ほんとうは「のっぽ」という商品名で、「のっぽパン」と呼ばれているらしいのですが、実家では
「のっぽさん」と呼んでいます。
パパがこのパンを大好きで、よく買っていたのですが、あるとき販売終了してしまって、ほんとーうに
残念がっていました。

しかし、数年前に限定販売が行われ、今では販売店舗は限定されていますがレギュラーに売られるように
なったもよう!!おかえりのっぽさん!!

本当にふつうのコッペパンに、クリームやピーナツクリームがはさまれていて、とても懐かしい味。
夫にプレゼンするために、買ってみましたw私が毎日つかっている駅で売っています。

パパにも写メール(言い方ふるい??)してみたらとても懐かしがっていたので、今度実家にいくときに
大量に買っていこうと思っています♪
(パパにそう言ったら「待ってます!」だそうww)

つぎに、これは県民というより、もっと小さい単位の地域限定のパンのようですが

IMG_3776_20140924122224779.jpg

ようかんぱん。あんパンにようかんがかかっていて、生クリームが真ん中はいっています。
今しらべてみたら、ようかんを使った、同じ名前のパンが商品として2種類存在するらしいです。
そんな厳密な仕分けがあるのは知らなかった!!

ようかんパン



ようかんぱん


のようにwikipediaでは説明されています。
ようかん「パン」のほうも食べたことあって、むかしは北海道ではなく実家のある地域でも売っていました。
どちらも、おかあちゃまがとても好きでよく買ってきていたのですが、ツイストタイプのほう
(「パン」のほう)が好きだったんじゃないかな?
いまはツイストタイプが売っているのはあまり見なくなってしまいました。

wikiでは、ようかん「ぱん」のほうは県ではなく、市単位で限定されての販売のように書かれていますが、
今は県内のキヨスクで買うことができると思います。製造元のHPではこのように説明されています
が、私が確認しただけでもこの説明書きにあるお店以外のキヨスクでも売っているのをみたので。

傷む期間は販売をおやすみしているらしく、つい最近また販売再開となった様子です。
これも夫にプレゼンすべく、購入!!

プレゼン後は、翌朝の朝食にだしてみました。

IMG_3783_2014092412224078a.jpg

食べやすく切って出しました。とくにNGということもなく、ふーん、という感じなのだそう(笑)

私もそのうちのっぽさん食べよう♪

SITAARA DINNER@エキュート 品川

祝日でしたが夫が出勤で絶対に21時までは帰宅せず、というような1日、なにしようかな〜〜?
と思っていたのですが、一番下の妹に誘われて3姉妹でおでかけしてきました。品川駅で待ち合わせです。

IMG_3785_2014092412224231e.jpg

いま、こんなキャンペーンやってるらしいのですが、使っている人いるのかな??


ランチを、行ってみたかったSITAARA DINEERで!!

IMG_3788.jpg

スパイシーチキンカレーと、バラックバニールカレー(ほうれん草のカレー)。

IMG_3789.jpg

バターチキンと、おなじくほうれん草のカレー。

IMG_3790.jpg

これはビリヤニセット。ビリヤニってどんな感じかな〜と思って、私がオーダーしてみました。

いつも通りすぎるだけだったここのお店、駅ナカのお店としてはなかなかおいしいなーって思いました。

つぎは、食べログでも評価のたかい、デヴィコーナーにいってみたいなーと思いました。
グリーンカレーもいいけど、なんだかひさびさに辛いインドカレーを食べたくなった!!!

【おまけ】

エキュートにある、お花屋さん。

IMG_3793.jpg

色の濃いお花が多くて、うっとり。秋冬のお花だな〜って感じます。

焼きサンマ

和食器を買ったので、これから和食が続きそうです♪

日曜は、ひーーーさしぶりに夫と一緒にお夕食ができそうなので、焼きサンマにしました。
21時ちょっと過ぎたら「帰るね」とメールがきたので、ホッ。ひさしぶりだから嬉しいです♪

IMG_3770.jpg

お魚の頭が逆になっちゃいましたがww

サンマをグリルで焼きました。脂がたっぷりのっていて、超超超超超おいしかった!!!もっと
買ってくればよかった。。サンマはさばかなくていいし、鱗もないし、骨はやわらかいし、
大好きなお魚です。

IMG_3771.jpg

がんもどきを煮て、

IMG_3772.jpg

きゅうりとわかめの酢の物をつくって、

IMG_3773.jpg

茄子の揚げびたしをつくって、

先日買った、新米のごはん(この地方でとれたコシヒカリ)と冬瓜・シイタケのお味噌汁。

食器はいいとして、つぎは並べ方に問題ありだなー。いつもいかに細かいところを気にせずに
レストランや実家で食事しているか、痛感。。

でも、新しい食器をつかいまくったので、この日は満足!
そしてやっぱり2人でお食事するのは(私のほうが圧倒的にたくさん話すのですがw)楽しい♪♪

新しい食器をたくさん買ったww

「最近食器欲がない」

とか言っていたのに!!一気に再燃しましてww
先日ひとりでいろいろとお買いものをしてきました。5,000円以上だと配送無料ということなので、
配送をお願いして手ぶらで帰ってきて、届くのをワクワクしてまっていました♪

日曜午前指定で配送をお願いしていたので、朝夫にあわせて6時半に起きて、いろいろお掃除やら雑用やら
すませて、新しくくる食器がはいるスペースをキャビネットに確保(笑)ひとりで奮闘してました。

そして届いたのがこちら〜。

IMG_3761_201409221211285ab.jpg

ああっ!わくわくする!!

IMG_3762_20140922121150442.jpg

和食器です。色モノや、すこし高さのある器がほしくて、とりあえず2つずつ買いました。
(たくさん買うと、収納に困るので・・・)
やはり、ほしいな〜と思うと有田焼のものが多く、でもちょっと今回自分で発見だったのは
有田焼にこだわらず、美濃焼もいいな〜って思えるようになってきていたこと。
今回買った物のほとんどが有田焼ですが、そのうちいろいろな焼き物がふえるのかもな♪

IMG_3763_20140922121152fb4.jpg


これは高さがあって、深さもあるので丼ものにもつかえそう。

IMG_3764_20140922121153a75.jpg

色が綺麗!!

IMG_3766_20140922121154050.jpg

黄色いお茶碗、ほしかったんです。まだ私が中学生くらいのときの家族旅行(京都)で、清水焼の
黄色いお茶碗をおかあちゃまが買っていて、「黄色いお茶碗、ほしかったの。素敵よね。」と言っていた
のがとても印象的で、私もいつか黄色いお茶碗欲しいな♪と思って鋳たのでした。

今回、とっても素敵な黄色のお茶碗にであえたので、即決!!これは有田焼です。

キャーキャー言って一段落したあとは、熱いお湯で全部あらってキャビネットへしまいました。

ほかに、夫のお洋服をいろいろもとめてひとりでおでかけした日曜に、ちょこっと買い足しました。

IMG_3769.jpg

IMG_3768_2014092212115603c.jpg

白いお皿はディナープレートの大きさ。

さっそく朝食にパンを焼いて、このお皿にのせて出して「これ新しい食器なの♪」と言ったら
「ふーん(ムニャムニャ・・・)」と寝ぼけたようなお返事w・・・あまり興味がないけど、私が楽しければ
それでよいのだそうですww

そうそう、ランチョンマットも買ったんでした。

IMG_3751.jpg

このほかにも1種類、おかあちゃまからもらいました♪

お料理するのが楽しくなりそうだな〜♪♪

もう肌寒い!!

最近朝晩はとっても肌寒い!!

せまい我が家なので家の中が寒いということはないのですが、秋のおふとんを出したり、合服の
ネグリジェにかえました。昨年はもっと残暑が厳しかったとおもうのですが、今年はいきなり秋です。
金曜に実家にお泊まりしたのですが、みんなベッドがぬくぬく仕様になっていて、私のベッドもぬくぬく
仕様にしてくれましたww

ところで、昨年は残暑厳しかったからか、夫は夏のパジャマ→冬のパジャマと着ていたようで、
合間のパジャマがありません。去年ほんとうに、どうしていたかしら??

ということで、懇意にしている寝具やさんで夫のパジャマをかってきました♪

IMG_3753_20140922141551ef1.jpg


ネイビーのズボンに、ネイビーのボーダーなMUNSINGWEARのパジャマ♪♪
ペンギンちゃんがかわいいです。
グレーとグリーンの組み合わせもあったのですが、なんだかトレーナー(今はジャージというらしい
ですね)みたいで、ちょっと好みではありませんでした。

このパジャマなら、(今の勤務先だと今後もほぼ皆無ですが)休日にこのままゴロゴロしてゆっくり
していても、突然の宅急便対応などがあっても、おかしくなさそう。

さっそく週末から着てもらいました。夫は気に入ったとか、気に入らないとか、とくにないみたいですが、
私が気に入っているからいいですww

実家の駐車場・玄関ホールのリフォーム??

8月の下旬から、実家にいろいろと工事がはいっています。
おかあちゃまが、(長年の希望だったらしいのですが)駐車場をインターロッキングをつかって
模様をつけたいというのと、玄関ホールの一部をちょっと改変したいといっていて、それをやっと
実行にうつした感じです。
とりあえず今回は駐車場・玄関ホールだけで、次はリビングのフローリングとタイルの工事をするのだ
そうです。もうこの家も築18年くらいになったのかーと思うと、時がすぎるのってあっというまですね。

8月の下旬には、それらの工事に先だって、クリーニング業者さんに
キッチンの収納部分を磨いてもらったそう。

IMG_2974_20140922122007784.jpg

これ、キッチンの上のほうの収納なのですが、たしかにピカピカ。高校生くらいの時、大掃除で
磨いたことがあるのですが、木?だからなかなかピカピカにならなくて。

つぎは、玄関ホールと駐車場の工事。駐車場の工事のほうでは、一時的に池の鯉が玄関ホール内に
退避させられていました。この期間、お教室は夏休みにしてあったので、とくに混乱はありませんでした。

IMG_2972_20140922122005c02.jpg

人間には混乱がなかったのだけど・・・大きな鯉がとびはねて、ケースの外にでてピチピチしているのを
職人さんが発見して、ヒョイッと戻してくれました!!自分じゃきっとできなかったからよかった!!!!

さて駐車場ですが、最初はこんなふうにコンクリートを流し込まれていました。

IMG_2976_20140922122529efd.jpg

8月の下旬。イタリアに行く前日です。

しかし帰国してみたら、違う形になっていて、つい先日は

IMG_3742.jpg

こんな感じになっていました!!ちなみに、母デザインです。

そして、それが1日たったら

IMG_3757_2014092212112626b.jpg

こんなふうになっていました。

インターロッキングというのは、よくレンガを組み合わせたような歩道がありますが、あれのことを
いうらしいです。ですが、今回実家で施行したのはインターロッキングではなくて、もっと別の手法
なのだそうです。おかあちゃまは名前を勘違いしていた模様。

今回の手法は、職人さんが、コンクリートに色をつけて、それを砕いて、それらを1つ1つ手作業で
貼っていくというもの。手間ひまもコストもかかるのであまり取り入れる家はないそうなので、
職人さんも初めてとのことでした。(大勢の職人仲間に、完成したら見に来てと言ってあるそうです)

この職人さんとても仕事が綺麗なんです!!そしてとっても優しい。
お三時を出して職人さんとお話しして家に入ってきたおかあちゃま、段々仕上がっていく様子に
大満足で大興奮でした。

写真の、筒のように飛び出ているところにはLEDソーラーライトが埋め込まれる予定なんだそう。
私も仕上がりがとても楽しみです。

【おまけ】
パパがまた私の大好物のクレープを買ってきてくれました♪
台湾のビールで乾杯!!

IMG_3760.jpg


エコノミーでももらえるアメニティ

この夏休みの旅行はカタール航空を利用したことはすでに書いたとおりですが

(ところでドバイとドーハがごっちゃになって、友人に「ドバイ乗り換えで行く」などと話して
いました。。。それも出発当日にね。おはずかしい。雰囲気は、にてるよ!!>K)

カタール航空ではエコノミークラスでもアメニティがもらえます。

IMG_3740.jpg

これは帰りの便でもらったんだけど、このほかに黄色もありました。

IMG_3741.jpg

なかには、アイマスク、耳栓、歯ブラシセット(歯磨き粉付き)、靴下。

私はメディキュット(着圧ソックスの、ロング・就寝タイプ)のうえからこのソックスをはいていました
が、足元がもともと冷えやすいのでとてもよかったです!すごい暖まるか?といわれればそうでもないで
すが、無いのとあるのとでは全然ちがう!

歯ブラシがついているのもなかなかよかったです。これってカタールの人が歯磨きを食後かならずやる
とか、そういう文化なのかな?お祈りの前に清めるときにかならず歯磨きするとか?

ところでスコットランドどうなっちゃうのかな〜。私おはずかしながら(この記事で2度目)
ユニオンジャックの成り立ちって知りませんでした。先日テレビで、「この国旗がこう重なり、
この国旗がこう重なり、そして・・・ユニオンジャックのできあがり」と図解されていて、
「おおおおお」と夫婦で感動しました。新しく買った地図、買って早々に改訂版が必要となるのか?

スコットランドというと・・・GSに勤務していた友人に、Royal Bank of Scotlandの人との
飲み会に誘われたことを真っ先に思い出します。その理由は、

「今日はロイヤルバンクオブスコットランドだよ」と言われたときポカーン(なにその呪文みたいな
会社名・・・)としたことと、

「イケメンがくるよ」と言われてフーンと思いながら言ったら、萩原流行ソックリのおもしろい人
がきたからです。


私の中でのスコットランドのイメージっていったい・・・。。。


台湾みやげ

実家の家族がおそい夏休みの旅行に台湾にいってきて、そのおみやげをもらいました。
みんなの予定をあわせてぎりぎり2泊3日がとれたそうで、その日程でスケジュールを組んだそう。

羽田の早朝便で行き、夜便で帰ってきたそうです。家族で行くから、車で羽田まで行って、また車で
帰宅したらしいのですが、なんか家を出てからもう旅行気分!って感じでいいな〜!
(結婚してから夫婦で行く旅行もいいけど、家族とわいわい行く旅行もいいものだわと、結婚後にしみじみ
思いました。)

台湾と言えば小籠包、小籠包といえば鼎泰豐!行ってきたんですって。いいな〜♪

で、おみやげはおいしい食料をたくさん!と、これ♪

IMG_3737.jpg

お手紙つき(笑)

IMG_3738.jpg

ハーフコートぽい、ジャケットでした♪素敵なブティックがあって、旅行中に通り過ぎたけど
やっぱりそこでどーーうしてもこれを買って私に着せたい!ということだそうで(おかあちゃま曰く。)
最終日にわざわざそこまで戻って買ってきてくれたそうです。
いつもホテルオークラやセンチュリーに入っている"Liebe"さんで買うお洋服と材質や雰囲気がソックリ!
なので、手持ちのお洋服にあわせておでかけできそうです♪♪

IMG_3739.jpg

こんなものもはいってました(笑)

あー小籠包が食べたくなってきた!!次の餃子の会をはやくひらかねば!!

うれしい絵はがき

結婚してからハガキのやりとりをすることがおおくなりました。夫の実家となのですが(義母とですが)
もののやりとりをして、お礼の電話やメールとは別に、ハガキでお礼状を書いて送ったり、送って下さったり
します。

今回イタリアからのお土産を送ったら、こんな素敵なお礼の絵はがきをいただきました。

IMG_3733.jpg

これ、わかりますか?!

この記事で書いた、お土産にお送りしたお酒の瓶です!

とっても素敵♪

いつもお贈りしたものを描いてくださるので、絵はがきが届くのがとても楽しみです。
私は旅先からハガキを送るのが結構好きで、今回もイタリアから私の実家と夫の実家へハガキを書いて
送りました。海外から送ると、本人たちが帰国したあとにハガキが到着するということが
しばしば起こるのが、あまりよろしくありませんが。。。。

帰宅してポストをあけたときに絵はがきが見えると、疲れもふきとんで自然に笑顔になります。
アナログだけど、心がほわ〜っと温かくなります。いつもこうやって気にかけてくれる義両親には
感謝です♪♪

オータムフェストに行ってきた

連休2日目は、夫は泊まり勤務のため朝早くさようならです...明日は早く帰ってきてね〜〜;_;
実家の家族も台湾旅行に行っているため、ほんとうにほんとうの1人になってしまいました。
実家に人がいると、用事もなく唐突に電話したりできるのですが、それもできない〜。。

とか言っておりますが、
夫を送り出してからとりあえずピアノの練習を3時間ほどやり、新聞広告にはいっていた
「オータムフェスト」
に行ってみました!

IMG_3713.jpg

港までは歩いて行けます。歩いて10分くらいかな?

ビール祭りみたいな感じなのですが、それと地元の特産名産が売られていたり、乗船体験があったり、
要は秋祭りですね。もちろん、ビールにつられていってきました。

IMG_3714.jpg

おでん。静岡おでんって有名ですけど、焼津おでんっていうのがあるのは知らなかった・・・

IMG_3715.jpg

このあたりのお祭りにいくと必ずあります。ふつうにおいしいですけれど、今日はパス。

IMG_3718.jpg

私の愛するサッポロビールの工場がこの市にあり、そのおかげで地ビール的なものもあります。
この日は暑かったので、まずは1杯買って、ひととおりお祭りのお店を見て歩きました。

IMG_3719.jpg

なんとここは七輪コーナー!!買ったものを貸し出してくれる七輪(1,000円)で焼けるというもの。
煙がもっくもくしてましたw

IMG_3720.jpg

今はチョコバナナだけじゃなくてチョコドーナツというのもあるのですね。

IMG_3721.jpg

今回のお店のなかで、私が一番「おいしそう!買いたい!」と思ったお店がここ!!
見えるかな〜?奥のほうに、鰹とマグロのハラモ焼きっていうのがあって、とくにマグロのハラモ焼きは
アブラがたーーーっぷりのっています。後ろのほうで炭でじゃんじゃん焼いていて、どんどん出てきます。

IMG_3723.jpg


てことで、鮪のハラモ焼きを買って、お食事スペースでいただきました。お一人様です。わたしも市民!

IMG_3724.jpg

お食事スペースの前では、こんなふうにステージがあって大道芸やらコンサートやらが催されています。
このときは、フォークギターコンサート。

ちなみに、鮪はあまりにもおいしくて、食べたあとにもう一度お店に戻って夫の分も買いこんできました。
私が買ったあとは、もう鮪はあと2切れしかなくて、とても人気だった模様!お安くしていただきました。
(翌日は電子レンジでチンすればいいとのことでした。)

IMG_3727.jpg

3切れいただきました♪

IMG_3726.jpg

ビールを買ったときにもらった抽選券で、サッポロビール提供の抽選コーナーで運試し!
なんと最近発売になった極ゼロがあたりました。1本だけど、満足満足♪


翌日、お昼すぎに帰宅した夫と昼食にマグロを1切れずつ食べて、お夕食兼2人での飲み会で1切れいただき
ました。前日のような身の柔らかさを再現はできなかったけど、やはりとてもおいしかったです。
グリルで焼いてみたけど、チンしても焼いてもどっちでも同じかな。

IMG_3732.jpg

↑勉強をしている人を飲みに誘う私ww

のんびりしたり、おいしいものを思いがけず食べることができたり、とてもいい3連休でした♪♪

地図を買ってもらった♪

3連休、いかがおすごしでしたか?

私は、土曜もまるまるお休みで、ひっさびさに本当の「3連休」を過ごしました。
初日は仕事がおわって帰宅した夫と夕方おかいものにいってきました♪

旅行に行ったり、ニュースを見るたびに欲しいと思っていた世界地図をかってもらいましたw

IMG_3711.jpg

これで、世界情勢の話で知らない国を言われても、どこにある国の話なのか確認できます♪
大満足♪♪

IMG_3710.jpg

ほかにも写真立てをかって、イタリア旅行の写真をかざりました。丸いフレームになっているところは
写真の調整が難しくて、切ったり折ったりしました。「熱心だね〜〜」だそうですww

ほかには31のアイスを食べたり、(いま31%オフです!)

IMG_3705.jpg

IMG_3704.jpg

↑レモンマスカルポーネっていうのがおいしかったです

夕食にはイタリアで買った新しいお皿をおろしてみました。

IMG_3707.jpg

海の幸をのせるべきなのか?このお皿??ww

IMG_3708.jpg

お刺身とかのせたらいいのかもね!でも満足。

IMG_3706.jpg

おつまみセット。赤ワインをあけました♪
お休み最高!

明日は何しようかなあ...(ひとりだから...)と思いながらも、ゆっくりできた連休初日でした♪♪


アヒージョ など。

夏休みがおわってしたことのひとつ、スーパーへの買い出し。旅行前に冷蔵庫をほとんどすっからかんに
したので、お野菜やお魚など、買わないと明日から食べるものがない!という状態でした。

IMG_3692_20140916093020fb9.jpg

鯛。もうスーパーでさばいてくれる時間はおわっていたので、自分でさばいてみました。
初めてにしてはちゃんと臓物とかエラ、うろこは取れたとおもう。ひれが手のひらにささって
流血したりしましたがね!これは煮物にするとおいしかったかな〜。焼き物にしたのですが
味の加減がわからず、とても淡泊になってしまいました。

IMG_3693_201409160930220c2.jpg

生食用と書いてあったエビ!大量に売っていたので、塩焼きにでもしようとおもったのですが
まだ頭がヨーロッパかぶれしているので、アヒージョにしてみました。背わたを取ったり、はさみで
食べにくいところを切り取るのが面倒でした。。
有頭でやったのですが最初は油がはねてあぶない!!!加減がわからない!!
でも、ミソがでてきて、こくのあるアヒージョになりました。長ネギと、乾燥トマト、エビだけで。
長ネギをたーーーくさん入れてみました。やわらかくホロリとしたのはいいのですが、
ちょっと入れすぎたかもね。

IMG_3694_2014091609302333a.jpg


作ってから気づいたのですが、それぞれに盛りつけるお皿がないので、エビの下ごしらえで疲れたので
一気にどーーーんと盛ってしまいました。。それぞれ取り分けて、フランスパンにひたしていただきました。
ちょっと見えてますが、エビの塩焼きもグリルでやってみました。こちらは安定のおいしさ。

アヒージョは、見た目がかなりアレですが味はおいしかったので、ふたりで完食!

IMG_3696_20140916093024000.jpg

黒酢酢豚とか、

IMG_3703.jpg

ぶりの香草焼き風とか、お魚なメニューが続きました。わらさも焼いてみたけど、こちらもおいしい!

「お刺身用」と書かれていたさんまをかってきたので、つぎは焼きサンマだ〜♪
サンマを食べると、秋がきたなーって思います。

夏休み イタリア旅行記 おみやげ

写真を現像してきて、ここはこうで〜、あそこはあんなだったね〜と、夜遅く帰宅してきた夫が
お食事している横で一生懸命話す私ですw

IMG_3660.jpg

ヴェネチアで、ヴェネチアとかいてあるマグネット。昨年パリにいったときに「これからの旅行では
その都市の名前が入ったマグネットを必ず買おうね」と夫とやくそくして、ヴェネチアで選びに選んで
買ったもの。ヴェネチアはカーニバルでも有名で、そのときに仮面をかぶるそう。その仮面を模した
マグネットもいっぱいあって、よさそうだな〜と思ったのですが、夫が「なんかきもちわるい」というので
却下。ちなみに、実家には昨年妹がかってきた仮面のマグネットがあります。

実は、ローマでも買ったのですが、ローマのはどこかでなくしてしまって・・・とっても残念。
こちらも選びに選んで買ったのに。フィレンツェでは、お土産を見る時間皆無で、ローマや空港で
「フィレンツェ」の文字が入っているものを探したのですが、ありませんでした・・・

帰りの空港で、しかたなく急遽買ってみた、ローマのマグネット。

IMG_3690.jpg

うーん。

IMG_3665.jpg

Uffizi美術館のミュージアムショップを出たところに郵便局の出張所のようなところがあったのですが、
そこで夫がこの旅行中唯一「これ買う!」と言って買った物。フェラーリの記念切手。

IMG_3666.jpg

IMG_3667.jpg

こんなふうになっていて、

IMG_3664.jpg

IMG_3663.jpg

IMG_3662.jpg

ひとつひとつはこんなふうになっています。

夫はF1が好きで、私も話題をあわせられるようにF1番組を見ていたことがありました。
まだお付き合いしたての頃(夫が学部4年で私が3年!!遠い昔!)の話で、
日曜深夜にやっているF1レースの番組をときどき見ていたのですが、「何がおもしろいの
か分からない・・・」と思いながら、それでもけなげに見ていたあの頃・・・
ライコネンとかシューマッハ、アロンソの時代でした。

話を戻して、

IMG_3670.jpg


リモンチェッロ。結局現地で飲まなかったのですが、イタリアで有名な、レモンをつかった伝統的な
リキュールです。かわいらしいパッケージのものを、夫の実家と、私のパパに。

IMG_3674.jpg

ホテルで食べたライ麦パンがおいしかったので、3斤かってきました。

IMG_3676.jpg

パスタ。

IMG_3672.jpg

妹にたのまれていたリゾッテリア。レトルトのリゾットですね。
去年妹も買ってきたらしいのですが、職場の人に配ったら自分の分がなくなってしまったのだそう。
妹の分と、自分達の分、夫の実家と、生徒さんへ。

IMG_3677.jpg

ペルジーナチョコ。これも妹からのリクエストw

IMG_3678.jpg

イタリア(フィレンツェ)での伝統のお菓子、カントゥッチ。ビスコッティ。

IMG_3679.jpg

レモンケーキ。

IMG_3680.jpg

チョコレート。


IMG_3682.jpg

Venchiチョコ。これも妹からリクエストされたもので、その他の方用にも買いました。

IMG_3684.jpg

大量のお菓子!これは生徒さんに。

ほかに、ローマで最終日にいったお店で買った、

IMG_3686.jpg

IMG_3688.jpg

IMG_3689.jpg

IMG_3685.jpg

アクリルのお皿です。キウラートというお店で、日本人の店員さんによくしていただきました。

そして、街歩きの最後でウインドウに飾られていた素敵なドレス!

IMG_3683.jpg

結婚式の2次会や、発表会で黒子として動いているときに着られそうで、とっても気に入りました。

試着したとき、「すけすけだよ〜〜〜」と夫が言ったら、店員さんに「これはそういうデザイン!この
ドレスにはXXをあわせて、XXな靴をはいてもいいしXXな靴でもいいし・・・」と熱弁をふるわれて
いましたw

大量に買ったお土産のほとんどは、夫の実家、私達それぞれの職場、あといつもお土産を下さる
生徒さん達にかったもので、いろいろ組み合わせて差し上げることができるように選んでみました。
こういうときに、お返ししないとね(実家から"おみやげ代"といっておこづかいをもらっていきましたw)。

帰国した次の日、私は大量のお洗濯をすませてお土産類を整理し、彼は業務復帰の予習をしに職場へ
行って、夕方に車で私の実家へお土産を届けにいきました。

「行くからね」と言ってあったので、お寿司やゆで落花生、ひえひえのビールが用意されていて、
夕食もそのまま食べてきてしまいました♪ぐっふっふ。

ゆで落花生って、一部の地域しか食べないんですってね!!私はこれがスタンダードだと
思ってたんだけれど!!

夫の実家にも、ダンボールにお土産を詰めて発送。

あー本当に楽しかったな〜。つぎに旅行できるのはいつだろう??お正月かな??
冬は温泉いきたいな♪そして、次の夏はどこにいけるかな(気が早すぎ)♪♪

夏休み イタリア旅行記 その5 最終日 ローマ街歩き・帰国

楽しみに楽しみにしていたイタリア旅行、もうおわっちゃうよ〜、最終日です。

帰国してすぐは「強行軍だったな〜、あと、そこかしこに遺跡がありすぎてもうおなかいっぱい・・・」
と思ったりしたのですが(実際に職場でボスさまにもそういいましたw)、少したった今は
「イタリアいいところだったな〜、また行きたいな〜。。。」と思えるくらい、いい国でした。

最終日は、朝ゆっくり7時に起床。寝坊しても電車に乗り遅れたりすることもないから、この旅行の中で
唯一ゆっくり起きた日。またあのサンルームのようなフロアでチーズやスクランブルエッグなど
の朝食をゆっくりおいしくいただきました。

朝食後は、とりあえずチェックアウトして荷物をそのままフロントに預け、まずお土産を買いにいきました。
テルミニ駅にはecuteではないけど、いろいろなお店が入っているのでたいてい何でもかえてしまいます。

IMG_3605.jpg

こんなスーパーも入っているんですよ。CONADというスーパーで、生徒さんに配るお菓子、妹からの
たのまれモノ、それぞれの実家用、などなど各方面へのお土産をたくさん買い込みました。
スーパーで買ったほうが現地っぽいものを調達できるので、この買い方はお気に入りです。

パスタやハムもそうですが、チーズの品揃えはかなりよかったです。もちろん、日本より安い。
真空パックになっているのを買ってこようか迷って、結局やめました。スーツケースの中でつぶれちゃう
かもしれないし、とか。。

そのほかに、有名なチョコやさん、Venchi(なんと発音は「ベンキ」)で、妹からリクエストのあった
チョコや各方面へのお土産をじっくり選んでかいました。
Venchiではジェラートも売っていて、(テルミニ駅の店舗にはありませんでしたが、
ローマ市内の本店?にはありました。ローマ フィウミチーノ空港内にもお店があり、ジェラートを
売っています)またものすごくおいしそう。そして濃厚そう。。

とりあえずテルミニ駅での買い物をおえていったんホテルへ。スーツケースにつめこみます。

IMG_3607.jpg

夫のほうに、半分つめてみました。あと残りは私のスーツケースへ。

そのあとはぶらぶら街歩き〜。行ってみたかったお店がスペイン広場付近にあるので、とりあえず
地下鉄にのってSpagna駅へ。

IMG_3229.jpg

こんなふうに、イタリアの道は石畳になっています。ピンヒールをはいている人はほとんど皆無といって
いいほどで、みんなエスパドリーユやフラットシューズ、プラットフォームヒールの靴(かサンダル)
を履いています。結構足にくるんです、石畳。

行きたかったお店には、日本人の店員さんがいたので、日本語で買い物ができました。
買った物を預かってくれるというのでお言葉に甘えて初日に予約しておいたオステリアへ
ランチに。また、徒歩です。ほんとうによく歩く夫婦です。



IMG_3616.jpg

Spagna駅からは15分くらい歩くかな?Termini駅が一応最寄り駅の、La Carbonaraです。
現地在住の人がやっているサイトで見つけたお店で、カルボナーラが絶品なんだそう。
早く行き過ぎてしまって、ランチタイムのオープンまで10分くらい、外のベンチで待ちました。

その間にまたお客さんが来て、「ランチタイムまで待て」とマダムに言われて外に出てきたのですが、
小さな声で「アチー・・・」と言っていたのでこれは日本人?!ベンチをつめて、「こちらにおかけに
なりませんか?」と言って、しばしお話ししました。出張で、一昨日ルーマニアからイタリアにやってきて、
この日はオフ、明日はドイツへ行くのだそうです。「新婚旅行ですか?」と聞かれてしまいました(照)
そんなにキャッキャしてたかな??


やっとオープンし、店内へ。

IMG_3620.jpg

IMG_3621.jpg

IMG_3624.jpg

ぞくぞくとお客さんがやってきて、すぐに席がいっぱいになってしまいました。
スターターにカルチョーフィ(アーティチョーク)の普通のものとアッラ・ジュディア(ユダヤ風)、
メインにカルボナーラとブカティーニ アマトリチャーナの2種類をオーダーしたら、
カルチョーフィはシーズンじゃないんですって!!!!!!かなり楽しみだったのに、残念・・・

なので、セクションとしては"付け合わせ"のところにあったけど、ポルチーニのグリルをスターター
にすることにしました。パスタは、シェアしたいのだけど、と伝えると「じゃあこっちでシェアして
それぞれのお皿で出すね」と言ってくれました。なんと優しい!!!

白ワインで乾杯!

しばらくまつと・・・
???
さきにパスタが運ばれてきてしまいました。「ポルチーニは急いでやってるんだけど、まだ準備がとと
のっていなくて、ゴメン」だそうで。ま、順序逆になってしまったけど、いっか。

IMG_3628.jpg

左がカルボナーラ。右がブカティーニ アマトリチャーナ。ブカティーニというのはパスタの種類で、
まんなかが空洞になっているパスタです。アマトリチャーナはトマトベースの、ローマで一番ポピュラー
なソース。(初日にもペンネ アマトリチャーナをたべました)

おいしい!すごくおいしい!

とくにカルボナーラ、絶品です。濃厚なのと、ボリュームたっぷりなので、おかわり!は無理ですが
毎日きます!!!といいたくなるくらいおいしい。夫も、「ローマにきてよかったと心から思える
おいしさだ!」と絶賛していました。
ソースも、パンですくいとってしっかりと平らげました。

IMG_3629.jpg

けっこうおなかいっぱいになったところにやってきたポルチーニ茸w
いや、味付けはとーーってもシンプルなのに、食感よくとてもおいしかったです。

とってもおいしくて、オーナーのマダムもいい人で、なによりお値段もとてもお財布にやさしい!
マダムと一緒に写真をとって、またローマ散策へ。

お天気もよく、ぷらぷら歩いてお店をのぞいたり、写真をとったりして、イタリア旅行のしめくくり
にお茶しながらローマの伝統的なスイーツ"タルトーフィ"を食べようと、有名カフェ"Cianpini"に行き
ました。

IMG_3637.jpg

せっかくなので、店内ではなくて路上にでているテラス席へ座ります。
座って、目配せすると店員さんがやってきてメニューをくれました。

IMG_3641.jpg

店員さんは、右端にあるカウンターのようなところから店内でつくられたものを受け取って、
テーブルに運んでくれます。

夫はアイスカッフェ、わたしはふつうのカッフェアメリカーノ(ホット)、

IMG_3645.jpg

そしてタルトーフィ。

IMG_3639.jpg

夫のアイスカッフェはかなり甘甘だったそうです。こちらは何でもかんでもやたら甘い。

タルトーフィは、チョコレートジェラート(なめらかにして凍らせたチョコレート?)を、
くだいたチョコレートでコーティングし、そのうえに生クリームをのせたものです。とても濃厚で
おいしかった。満足〜〜そして満腹〜〜。
今回の旅は食事に恵まれていたな〜。

途中、買った物をあずけておいたお店で品物を受け取り、腹ごなしに徒歩でホテルにもどって、
19:20 テルミニ駅発の電車で空港へむかいました。テルミニ駅から1時間に2本でている、
空港へ直通の電車「レオナルド エクスプレス」では、空港まで約32分。

鉄道以外で、ほかに空港に行く手段としては、

・タクシーで55EUR程度で40分程度
(空港からローマ市内までが45EUR?ときちんと規定で値段がきまっていて、
それ以降の超過距離に応じて料金が増えていくもよう。私達は、空港からホテルまで
荷物つき2名で55EURでした。車はメルセデスできれいでした。
妹のときは別のローマ市内のホテルへの送迎で60EURだったのでだいたいそんなかんじでしょう。)、

・バスで1時間強くらい?
道路の渋滞状況にもよるので時間に余裕のある人むけですね。

お値段は、バス、鉄道、タクシー、の順で高くなっていきます。バスが一番安いです。

鉄道の「レオナルドエクスプレス」は、名前こそ「エクスプレス」でテルミニ駅を出たあとは
空港ターミナル駅にしか止まらず、直通ですが、速度がすごく速いというわけではありません。
小田急の急行くらいな感じ。

こんなかんじでイタリアの旅はおわりました。あ〜、本当に楽しかったな〜。。。


IMG_3646.jpg


フィウミチーノ空港をぷらぷらして、22:40のカタール航空でまずはドーハへ。


機内食、またあまーーいケーキつきです。今回も白ワインで!

IMG_3647.jpg

チーズがはいったサラダがおいしかった!
左上にあるトレイに「スナック」ってかいてある、どうみても(味わっても)ただチーズをきっただけの
お菓子?がはいっていたのですが、これがパルミジャーノチーズのお菓子で、しょっぱすぎて一口で
やめました。。。ワインともあわない。

IMG_3648.jpg

こっちは夫の。なんかカレーみたいな感じ。。まずくはないです。ただ、なんだろう??と疑問。。
メニューがなかったので確認しようがありませんでした。

ドーハ-羽田便にのりつぎます。

IMG_3649.jpg

これが機内食メニュー

IMG_3650.jpg

IMG_3651.jpg

うーん。。メニューと照らしあわせながら、確認しながら食べたけどわからないものもありました。
まずくはないです。ただ、メニューに書いてあるコレは、コレかなあ?と思いながら食べたということで。

このときはコーヒーでいただきました。クロワッサンがあいかわらずおいしい〜。ただ、2個目はいらない
です、さすがに(CAがみんなに2個目を配り始めて、あわてて遠慮しました)。

去年のエールフランスのときには、ワインはすべてミニボトル(赤はメルローで白はシャルドネだった)
でくれたのですが、カタール航空は「赤ワインですか?アルゼンチンワインとXX(わすれた)
ワインがありますがどちらになさいますか?」とまさかの産地選択。カップに注いでくれます。

ギャレーでも、エールフランスのときにはどさっと置いてあるところから勝手にミニワインボトルを
もらってきて座席であけてカパカパのむ、といったことが可能でしたがカタールはいちいち注いで
くれるので、なんか、行きにくかったなー。。(そんなに飲むなよ)

興味本位でカップラーメンとサンドウイッチももらってきてみました。
カップラーメンをもらってきてくれた夫は「CAにキープ 3 ミニッツ!って言われたよ!!」と
なぜかちょっとうれしそうww

機内は深夜モードで、他の人はほとんど寝ているなか(そして食べては寝て、食べては寝て、の繰り返しで
まだ空腹にならないなか)、ぞぞーーっとラーメンをすする私達ww
カップ麺のニオイが機内でひろがります。。

IMG_3654.jpg

IMG_3653.jpg

きちんとお箸もあります!お箸だから食べやすい!!
夫とはんぶんずつ食べました。夫曰く「おお〜なんだか懐かしい味!これぞジャッパーン」と。

その数十分後、ほかの座席でもズルズルとラーメンを食べる音が・・・www
きっとみんなニオイにつられたのでしょう、と夫そコソコソ笑いました。

サンドウイッチのほうは具がステーキで、フルーツソースがとってもおいしかった!!!!!

羽田に着陸前に、もう一度機内食が出ます。うーーーお相撲さんみたいになりそう!!食べますがw

IMG_3655_20140908174015ed5.jpg

お魚のフリット。赤ワインでいただきました。

IMG_3656.jpg

日本食。オソバが入っていたとのことです。ちょっと味見させてもらったけど、わかりませんでした。

ということで、23時半ころ羽田着。日本に帰ってきてホッとしたけど、旅行おわっちゃったなーと
ちょっとしんみり。でも、またこうして今年も2人で楽しく旅行に行けて、よかった♪
撮った写真を現像して、おうちに飾ろうっと♪♪

長々とおつきあいくださりありがとうございました。
次は、番外編・おみやげの記事です。







夏休み イタリア旅行記 その4-2 水の都 ヴェネチア

8:55にItaloでFirenzeを出発し、一路ヴェネチアに!

日本の新幹線でも同じことがいえますが、この「大都市から大都市への移動」って、外の風景が
田舎ののどかな風景続き(よく言えば、ね)で、あまりおもしろくないんですよね。
パリのときもそうでしたが、電車移動のときはひたすら夫と話をしたり、ガイドブック読んだり、
うたたねしたりして過ごしています。空調がききすぎて、下車するときはいつもこごえそうになるので
上着を余分にもちこんで着込みます。

IMG_3499.jpg

到着!さいしょ小雨がぱらついていましたが、それも止んで、水の都を楽しめそう!

今回の旅は本当に天気に恵まれました。私たちが滞在している都市は、小雨があってもすぐに止んで
晴天になってくれて、逆にその日滞在していない都市は雨だった、とか。
私達夫婦のどちらかが、すーぱー晴れ男/女なのかな??

ヴェネチアでは、"ヴァポレット"という、水上交通をつかって移動します。
乗り場がA~Eまであって、多数の路線があります。電光掲示板に「XX線 XXまわり XX乗り場」
っていう感じで表示されていて、それをみて乗り場に移動するのですが、乗り場からもうプカプカういています!
基本的に山手線のような感じで内回り・外回りがあって、目的地によってどちら方面にのるか注意しないと
かなり遠回りになります。

ヴァポレットの路線図はこちら(pdfがひらきます)
このpdfで、グレーになっていない部分がぜんぶ海/運河!
一応、運河にはかならず橋がかかっているので、ヴァポレットにのらなくても鉄道駅に帰ってくることができます。

乗車券は、60分券、XX時間券(複数種類有り)といった単位で売られています。
私達はお金もなかったし、徒歩で移動しきってしまう確率も高い
と思って、とりあえず60分券を4枚だけ買っておきました。1枚7.00EUR!全部で28.00EURだから、残金は
(お水をかったりしたので)61.00EUR!!ww夫と復唱ww

なぜ最初に4枚チケットを買ったかというと、鉄道駅(ヴェネチア サンタルチア駅)に一番近い(というか目の前)
ヴァポレット乗り場にあった券売機は、私達が行ったときにはお札がはいらなかったり、おつりがきれていたりで
使い物にならず、複数ある有人券売カウンターのどれもが長蛇の列になっていたので(実際2〜30分並びました)、
帰りのローマ行きの電車に乗り遅れることがないように、(結局徒歩移動で鉄道駅まで戻ってきてしまう可能性も
大いにありましたが)最低限必要な枚数として最初に買っておきました。
買っても、チケットを機械にタッチしないかぎりはactivateされません。

IMG_3507.jpg

警察も水上ボートで!!"POLIZIA"警察です。ちなみに、この国には"POLIZIA"と"CARABINIERI"の2種類
の警察がいます。前者が国家警察で、後者が国家憲兵ということだそうです。
POLIZIAのほうが、日本の警察と雰囲気がにています(あたりまえか)。

ところで、イタリアでは鉄道(地下鉄ではなくて地上を走る鉄道)駅に改札がなく、自分達で機会に
通したりタッチしたりすることで切符を有効化し、正規乗車となります。検札はあったりなかったりなので、
し忘れてもセーフな場合もありますが、検札でひっかかると罰金だそうですので、ご注意を!

バスにのるときに、東京だとスイカやパスモをタッチして料金を先払いしてから乗車しますが、
(ほかの地域でも、整理券をとって乗車し、目的地で運転手さんのところにある運賃箱に料金を入れたり
電子マネーで清算しますよね)
イタリアでは運転手さんからか、切符売り場で切符(1回券)をかって、それをバス車内にある機械にとおすことで
正規乗車となります。バスが大混雑している場合、その機械までたどりつけずに目的地に到着し、結果機械に
通さずに下車というパターンも見ました。。

ヴァポレットのチケットの場合は、乗り場にある機械にタッチすると「ピピッ」と音がなり「あとXX分
有効」という表示がされます。乗るたびに、乗り場の機械に必ずタッチです。


IMG_3538.jpg

奥にゴンドラがみえる〜!


IMG_3515.jpg

ものすごい数の観光客でした。そして、とてもたくさんの高級ブランドショップがあって、なぜ???
と思いました。買っていく人いるのかな?
有名なブランド(シャネルとエルメスはなかったかな?)のお店はほとんどあったように思います。
とくにリアルト橋の近くに多かったかな?Cartierもありました。

IMG_3513.jpg

ここも工事中かい!!って感じですがww有名なリアルト橋。

ヴェネチアで有名なものといえば、ヴェネチアングラス!
食器や、アクセサリーなど、本当に素敵な製品がたくさんたくさん売っていて・・・あれも、これも、
ぜーーーんぶ欲しい!と言いたくなるものばかりでした。

「わーー素敵!!!欲しい・・・!!でも買えないね、お金ないから(笑)」

と夫と言い合って、お店を通過wいい節約ですww


ゴンドラは交渉制。だいたい1時間?で80EURくらいから、が相場のようです。
お金ないからのらなかったです!
いや、お金があっても、そんなに興味なかったのできっと乗らなかったと思います。

しかし、ゴンドーリエが筋肉ムキムキでみんなイケメンで(みんな黒か赤のボーダーシャツに、黒い長ズボン、
ハットをかぶっていて、だいたいサングラスしている)、乗らなくてもいいけど、どーーーうしてもゴンドーリエと
写真がとりたいww

ゴンドラ乗り場にて「あ、あのーー・・・」「ゴンドラ?1人?」「一緒に写真とってください(照)」
「??オッケー。」

みたいな感じで無事一緒にお写真撮れましたw夫は笑ってましたww
撮ってもらったあとは元気に「グラッツィエ、チャーオ!」と言ってそそくさと退散ww

IMG_3525.jpg

サンマルコ広場。ものすごいたくさんの人!!昨年妹がきたときには、水没していたそうです。
ちなみに、漫画「ONE PIECE」ではヴェネチアの風景がでてくる?ようで、夫はこのサンマルコ広場で
興奮して写真をとっていました。ふーん。。。

さて、ヴェネチアは海が近いだけあって、海外にしてはめずらしく?生のお魚を食べたりするそうです。
とにかく海鮮が充実していて、なかでもクモガニというカニと、いかすみパスタが有名なようす。
空腹となった我々はレストランにはいり、クモガニのサラダといかすみパスタを注文。
残金に余裕がありそうだったので、私だけグラスワイン(白ワイン)を。アックア(お水)はいずれに
しても注文します。

IMG_3551.jpg

こんな感じのおみせ!リアルト橋の近くです。

IMG_3555_20140908173500c06.jpg

店内にはこんなふうにお魚が陳列してあって、お魚料理をオーダーするとお店のかたがここからお魚を
お皿にのせてお客さんのテーブルにもっていき、「この大きさで、これを調理しますよ?」と見せて
いました。

IMG_3552.jpg

クモガニのサラダ。

IMG_3554_20140908173458984.jpg

イカスミパスタ。またまたけっこうなボリューム。これらを2人でシェアしました。
イカスミパスタのほんとうにほんとうにおいしいこと!!!!!!!2人とも大好きな味でした。
残金も、まだ大丈夫です!(大事)

その後はジェラートをたべながら街の散策へ。この街、迷路みたいになっていて、このあとかなり迷いました・・・
ヴァポレットに乗ろうにも、乗り場が見つからない。。そしてどんどん中心部からはずれていってしまう・・・
観光案内のようなところで地図をもらってくればよかったものの、ガイドブックについている地図だけ
をたよりに歩いていたため、同じ所をぐるぐるまわったりしてしまいました。
(夫は「これはドラクエの世界だ〜!なんかドラクエやりたくなった」と言っていましたが。。。)

IMG_3561.jpg

途中で水上マーケット発見。新鮮そうなお野菜が、お手頃価格で売られていました。

IMG_3562.jpg

このレジの前にあるキノコは、ポルチーニ茸!

結局迷いにまよって、途方にくれていたところになぜかスペイン人ぽいツアーグループが!
これは!!!と思い、うしろからくっついていって、無事にスタート地点・サンタルチア駅までもどってきましたww
よかった~、戻ってこれて。ていうか、ほら、また徒歩で制覇w

ここまでで、ヴァポレットのチケット4枚のうち2枚しかつかっていなくて、あと2枚使用せずに帰るのはもったいない
ということと、ヴェネチアの名物「バーカロ」で「チケッティ」を食べるという体験をしてから帰りたいという私の
希望により、時間があまり残されていませんでしたが、急いでヴァポレットに乗りました。

ちなみに「バーカロ」というのはバーみたいなところで、日本でいう立ち飲み居酒屋的なところです。
1杯か2杯くらいのワインと、「チケッティ」という、1つ1〜2EURくらいのおつまみをいくつか選んで
食べながらちょっとお話しして、といった感じでつかうお店のようです。
そういった雰囲気のお店、日本にもありますよね。
立って飲む以外は、スツールにすわってカウンター飲みもできるところも。

IMG_3572_20140908173851ecf.jpg

ガイドブックにのっているこのバーカロにいってきました。

IMG_3569.jpg

店内はこんな感じで、(日本語がかいてある壁飾りがありますね)


IMG_3570.jpg


チケッティがケース内に並べられています。ごく簡単なおつまみから、手のこんだものまでいろいろです。

この中からこれらを選びました。

IMG_3568.jpg

どれもおいしかったけど、平べったいアーティチョークがおいしかった!!!
夫も同意見。ワインをのんで、とってもいい気分!!
もっと時間があれば、ほかのバーカロにいってみたかったけど、時間もなくなってきたので、
ちかくのお店でお土産をみたりしながら、またヴァポレットに乗って駅へもどってきました。
短時間滞在だったけど、じゅうぶん楽しむことができました。

IMG_3579_20140908173853417.jpg

ヴァポレットにはワンちゃんも乗ってOK!(というかバスにも乗ってたぞ)

ヴァポレットは公共交通手段、遊覧交通でゴンドラ、そのほか水上タクシーもあります。
お値段は交渉制なのかな??よくわかりません。

駅の「パニノテカ」で、これから長時間電車に乗るので軽食を調達。

IMG_3588.jpg

パニノテカというのは、ピザやパニーノ、フォカッチャやお飲み物、お菓子類、お酒、おみやげが売っている、
日本でいうと、高速道路のサービスエリア(食堂・売店の融合型の施設)のようなところです。
上記のようなデリ系の食べ物やカッフェをオーダーするときには、まず中央のレジで清算を
すませて、レシートをもって各コーナーにいき、オーダーします。
このパニノテカにマックが入っていることもあって、マックも同じように中央レジでお支払い後、
オーダーとなります。

私達はモッツアレラチーズとオリーブ、ポモドーロのフォカッチャを1つオーダーして、2つに切ってもらいました。
きちんとホットサンドにしてくれます。

IMG_3590.jpg

18:25発 テルミニ駅行きにのります。

IMG_3595_2014090817390498d.jpg

あらっ!とってもきれい!!!国鉄なのにきれいだわ~。長距離列車だからかな?

IMG_3599.jpg

テーブルの上にあるのが、フィレンツェで買ったチケット。eチケットですね。これは機械に通せないので、そのまま
乗ってしまってOKです。途中で検札があり、車掌さんがバーコードを機械で読み取っていました。

IMG_3602.jpg

まだそんなにおなかはすいていませんでしたが、あたたかいうちにいただきました。
ファストフードの部類にはいるとは思いますが、やっぱり生地からおいしい。

その後は2人とも爆睡し、気づいたらテルミニ駅のホームに電車が入っているところでした!
目覚めていなかったら「お客さん(ユッサユッサ)、終点ですよ@ローマ」ってされてたかもw

事前の下調べ時に、いろいろなサイトで「(ローマとヴェネチアの日帰り移動は)時間もお金ももったいない」とか
「無謀」「1日に1都市は無理」と書かれていたこともあり、せいぜいローマとピサ、フィレンツェをみて今回のイタリア
旅行はいっぱいいっぱいかな?と思っていたのですが、結果的に行きたいところはすべて訪れることができて、
大満足でした♪♪

もともと縦長の国なので、うまく「ローマ入り、ミラノ出」のようにスケジュールを組めば縦断もできたでしょうが
(妹はこのパターンでした)、日数も限られていたし、ミラノには今のところは興味があまりなかったのもあって、
これらの都市をまわれただけでじゅうぶん!!

直線距離でいうと、東京から名古屋(ピサ)に行って、そこから新大阪(フィレンツェ)にいって、さらに広島
(ヴェネチア)にいって、一気に東京に戻ってきた、という感じ。サロンパスが大活躍でしたww

次の日がイタリア滞在最終日。22:25発の便なので、最終日とはいっても時間がけっこうあるので、
おみやげを買い込んだり、きままにローマをブラブラしました♪

夏休み イタリア旅行記 その4-1 ヴェッキオ宮・ヴェッキオ橋

前夜25時にホテルに帰った私達ですが、なんと翌朝は6時に目がさめてしまいました。
お風呂にはいったりしたので、きっと寝たのは26時頃だったと思うのですが、すごい起床力w

ここのホテルでは朝食がついていないのですが、前夜のDinnerで満腹だったので、起きても
まだまだ何も食べなくてもいい!という感じだったのでちょうどよかったです。

ということで7時ころに早々にチェックアウトしました。オーナーのマダムが「!!!もう出発なの?
短い間だったわねえ・・・どうか、気を付けてね」とギュッとしてくれました。

あさはやーいフィレンツェの街、出勤の人がいたり、散策している人がいたり、朝の風景です。
カフェはもう開いていて、路上のテーブルでコーヒーを飲んでいるひともちらほら。
Duomo広場から歩いて、ヴェッキオ宮へ。

IMG_3469.jpg

きのう会った彼女たちは、ここで結婚式をあげたそうです。ロマンチック〜!と思ったのですが、
「私はカトリック信者じゃないから、教会ではあげられないのよ。」とのこと。

イタリアでは結婚するときに、市役所に出向いて結婚の申請をして、それが市役所に張り出されて、異議
申し立て?を1週間?受け付けるそうです。それをおえて、無事結婚がOKとなるのですが、結婚するには
かならずセレモニーをしなければいけないのだそう。
正しく理解できているか若干不安ですが、だいたいそんな感じで、結婚するときには書類を集めたりするのも
あっていろいろ大変だったと言っていました。

そういえば、彼女もローマの姉妹校を訪問したことがあるのだそう。「普通みんないくでしょ?ローマ
に来たら」と言っていたので、みんな母校愛が強いということでw夫は驚いていましたが。
(帰国してから調べたら、フィレンツェにも姉妹校がありました。ヴェッキオ橋からすぐ近くのところ!)

ヴェッキオ宮をすぎると、すぐにアルノ川にたどりつき、そこからヴェッキオ橋(ポンテヴェッキオ)が見えます。

IMG_3470.jpg

アルノ川ではレガッタをする人が。朝の澄んだ空気のなか、とても気持ちよさそうでした。

IMG_3471.jpg

これがポンテヴェッキオ!

橋のうえまでいってみると、

IMG_3479.jpg

こんな感じでした。もちろん、どこもあいていませんww

すこし散策して、S.M.N駅に戻ることにしました。

IMG_3485.jpg

途中にあったお店。カフェはもう営業中で、中ではパンやデリっぽいものを売っていました。
甘くておいしそうなパン~♪でもこのときはジェラートがやけに食べたくて、ぐるーっとみましたが、残念ながら
ありませんでした。

IMG_3486.jpg

こちら、サンタマリアノヴェッラ教会。有名なサンタマリアノヴェッラ薬局もここにあります。

IMG_3487.jpg

これがサンタマリアノヴェッラ駅。

さて、日本にいるときに、とりあえずローマとフィレンツェを訪れることだけは決めていたのですが、
もしフィレンツェを観光して時間があまったらローマに戻るか、それとも別の地に行くか、決めかねていました。
「もし時間あったらヴェネチアいきたいなー」なんて言ってましたが、ネットで情報をみても「無謀」とありますし、
去年イタリアを訪れた妹に言わせても「日程的に無理だと思う」といわれていたので、ややあきらめ気味でした。

そんな心情を友人にメールで伝えておいたのですが、「じゃあ始発でフィレンツェをでて、終電でローマにかえったら?
まあ強行軍だけど可能ではあるからとりあえず電車の時刻表だけ印刷してもってきておいたら?」と
アドバイスをうけ、いちおうイタリア版ジョルダンみたいなので列車検索したものと、国鉄と私鉄の時刻表を
持参してフィレンツェにきました。
結果的に、うまくフィレンツェも観光してしまったし、もしかしてヴェネチア行けるんじゃない?!ということで
起床後、夫と緊急会議しましたww

友人によると、フィレンツェからヴェネチアまではItalo(国鉄ではなく、フェラーリの会社が運営している私鉄?
のようなもの。でも国鉄とおなじ線路をはしるのですがね。)がいいよとのこと。調べると、Italoならフィレンツェ
を8:55に出発して、ヴェネチア・サンタルチア駅には11:00着。帰りはホテルの最寄り駅であるテルミニ駅まで
戻れるのが国鉄しかないので(Italoだとその手前の駅までしか行かないのです。)、それを使うとすると
ヴェネチア・サンタルチア駅を18:25に出発して22:30にローマ・テルミニ駅に到着するというスケジュール。

い、、、いけるんじゃない??

ということで、朝早くから、昨日みきれなかったポンテヴェッキオを見に早々にホテルをチェックアウトしたのです。

でもここで問題が。。お金がない!!!

あまり大金を持ち歩くのもあぶないので、と思って、ローマを出発するときに2日分のお金と、クレジットカード1枚、
パスポートのコピーだけもってフィレンツェにやってきたのですが、ホテル代がまさかのキャッシュ払いだったことも
あって残金がとても少なくなってしまいました。これじゃあ、ローマまで帰れるかどうか・・・といったぎりぎりのライン。。

また、持ってきたクレジットカード、PINコードを覚えていなくて、もしPINコードでしか決済できないような場合には
まったく役立たない。。

とりあえず、S.M.N駅にいって、Itaroと国鉄のカウンターにそれぞれいって切符が買えたら行こう、ということで
駅について「切符をかいたいけど、PINコードじゃなくてサインでもOK?」と聞いたら、どちらの会社もOK!!!
(国鉄のチケットは、券売機でかうならPINコードは必須です)
なので、ここからヴェネチア、ヴェネチアからローマまでは帰れるからひとまずヴェネチアにいける!!!

次は、キャッシュを増やす方法・・・おお、両替カウンターで、円からユーロに替えるのではなくて、カードで
ユーロを買えばいいんじゃない???とわれながらいい思いつき!!!さっそくexchangeとかいてある
ブースへ行ったのですが、ここではサインではだめで、PINコードが必要でした。。2回くらい間違ってしまって
あきらめました。。。ま、所持金だけでなんとかしよう!!ぴったり90ユーロしかないけど!!
どんだけがけっぷち旅行なんだ、私達ww!

で、売店でお水を買っておこうと、サインでもOKというのでクレジットカードで決済しようと思ったら・・・さっきPINコード
を間違えたからか、カードがロックされてしまったようで使えませんでした・・・(このあと、このカードはどこに行っても
使えなかったので、帰国してからロックをはずさなければいけません。。。)本当にがけっぷち!!

結局現金でかったのですが、夫と「残金はXXユーロ、、、」とソロバンはじきながらの旅がスタートですww

とにかく、行きかえりのチケットは手に入れたので、気分あらたにヴェネチアへむかいます!!

IMG_3488.jpg

Italoの発車ホーム。テンションあがってきた!!

IMG_3492.jpg

国鉄とちがって、車体がまっかっか!とってもかっこよかったです。乗務員さんもみんな赤い制服で、
ばっちりきまっています。これは車内の様子。トイレも、国鉄より断然きれいで、日本の新幹線と
ほぼ同じつくりでした。2等車両でも、フットレストつき!

IMG_3493.jpg

「ただいまの時速はXX km」という表示が、いかにもフェラーリ社の運営っぽい!!

次の記事ではヴェネチアについてかきます♪

夏休み イタリア旅行記 その3-2 フィエーゾレでお食事

中学から大学まで同じ学校に通っていた友人が、フィレンツェに住んでいるのですが、
私達の"予定は未定"な旅行で、うまく時間をあわせて会えるかな・・・と不確定要素たっぷりな中
うじうじと悩んで、結局連絡をしたのは8月27日頃になってしまったのですが、
意外にもスンナリ話がまとまって会えることになりました。
ちなみに、連絡したとき、彼女はご主人と一緒に3週間のスペインへのバカンス中!

トントン拍子に会うことになった理由の1つが「日本から買ってきて欲しいモノがある!!」と頼まれごと
をしたことwそれも、お風呂でつかうボディタオル(あのシャリシャリしたナイロン製のです)。
そんなことを頼みあったりできるのも、10年いっしょにいた仲だからだなーと思います。

なにか日本らしいおみやげを・・・と考えたのですが、あまり出発まで日がなかったせいか
いろいろ雑多な感じになってしまいました。。。

IMG_2980.jpg

これは、2011年になくなった祖母が趣味でつくっていた羽子板。趣味でたくさんつくっていたせいで、
ものすごい数があり、お店で売っているような大きなものもあります。
今は実家にすべて持ってきてあるのですが、小さなサイズのもののなかからよさそうなのを選んでもってきました。
私もちゃっかり、自宅でお正月に飾る用のものをもらってきました♪

IMG_2984_2014090812193561f.jpg

こんな箱にいれて、透明セロハンでラッピングしました。ちなみに、羽子板をたてるスタンドも
入っています。

ほかには、

IMG_2988.jpg

インスタントのお味噌汁、揖保の糸、柿の種、とろろ昆布、を風呂敷につつんでw
レトルトの牛丼の具とか、カレー、クックドゥみたいなものもいいかな?と思ったのですが、
お米を調達しにくいようだったら不適切だし(よく考えたらリゾットを食べるからお米はありますね)、
クックドゥで自分で用意しなければいけない食材(麻婆豆腐だったらお豆腐とか)が売っていなかったら
ただの辛いひき肉あんだけで食べなければいけないし・・・といろいろ悩んで、それ単体でも食べられる
ようなものにしました。お素麺はめんつゆを工夫すればいいし(強引)!!

そんなこんなで待ち合わせ場所にいくと、イタリア人のご主人と彼女が!!ひしと抱き合う私達w
とっても懐かしかったです。
彼女たちは2010年にイタリアで結婚して、その新婚旅行の途中で日本に一時立ち寄ってくれたのですが、
そのときにガーデンプレイスで母校のみんなで結婚パーティをして以来の再会。
ご主人、そのときとまったく変わらないいい男っぷり!!!!

彼女はいまフィレンツェで働いていて、もう在イタリア歴は4年くらい?になるといいます。
日本から渡伊するときにはNHKのラジオイタリア語会話で勉強したそうで、あとは現地で3ヶ月
語学学校にいったきり、あとは週1回スクールにかよったりかよわなかったり、で身につけたそうです。
今ではイタリア語でダヴィンチコードを読めるほどになったのだそう!!
ご主人はフィレンツェ生まれの生粋のイタリア人です。さっきも書いたけど、イケメン♪♪

車でむかえにきてくれた彼女たちに連れられていったのは、まずフィエーゾレという場所。
ここからはフィレンツェの街全体をみおろすことができます。

IMG_3450.jpg

夜はデートスポットなんだそうです♪クーポラがみえます。
車でぐんぐん山をのぼっていたところにあるのがフィエーゾレなのですが、フィレンツェよりも涼しく、
夜になるとヒンヤリしていました。
この近くのバーで一杯ひっかけて(←と彼女はいっていた。要はすこしお酒をのんで)、彼女たちの
おすすめレストランへむかいます。こちらイタリアは飲酒運転に寛容なようです。

連れていってくれたのは(たぶん)このレストラン。Il Feriolo

IMG_3459.jpg

IMG_3460.jpg

"たぶん"というのは、お店の名前を聞き忘れてしまったため、google mapとtrip adviserから探してみた
ところ、ここなんじゃないかな?と見当をつけているため、です。

このお店では伝統的なトスカーナ料理を出してくれて、ジビエがおいしいとのこと。
平日の夜だというのに、お客さんでいっぱい!
オーダーは彼女達におまかせして、まずは赤ワインで乾杯しました。
ちなみに、彼女達は披露宴(結婚式後のお食事会)をここで行ったそうです。

前菜の盛り合わせ・・・

IMG_3461.jpg

IMG_3462.jpg

IMG_3463.jpg

これ、ぜーんぶ前菜w
どれも本当においしくて、食べてみたかったアーティチョークもいただくことができました。鴨肉のハム
やチーズをふんだんにつかったソースがかかったパン、パテ、ポレンタ(とうもろこしの粉でできた
パンみたいなものを揚げたもの)とキノコ、おいしくっておいしくって、ワインにとってもあうので
お酒がどんどん進んでしまいました。
もうみんなだいぶいい気分になって、日本語と英語、イタリア語ごちゃまぜで大盛り上がり!

おまちかねのジビエが到着!

IMG_3464.jpg

鹿のお肉です。Dainoダマジカ だそう。

IMG_3465.jpg

白いソースで煮込まれているのが Caprioloノロジカ、
赤いソースで煮込まれているのが Cinghialeイノシシ、ということでした。

お肉じたいがおいしい。。。お腹いっぱいになってきましたが、おそろしいことにどんどん胃にはいっていきます!
それぐらいおいしい!

IMG_3466.jpg

そしていろいろお野菜のフリット!たくさんすぎてみんなで驚きましたww
これは完食できなかったけど、おいしくてどんどん箸が進みます。(フォークが進むっていうかな??)
語彙がすくない自分にイライラですが、シンプルな味付けのみで、お野菜のそのままのおいしさが味わえる
フリットです。日本のてんぷらより、軽い触感ですね。

おなかいっぱいになって、話も盛り上がって、きがつけば24時すぎ。
車でDuomo広場まで送ってもらい、お別れしました。
中高時代、彼女は寄宿生、私は通学生で、一学年の人数が少人数だったとはいえあまり
接点はなかったのですが、こうやって会うと、同じ時間をすごしてきたんだなと感じます。

帰りぎわにはお互いの配偶者に「XXのこと、よろしくお願いしますね!!」と言い合ってwまたひしと
抱き合い、お別れしました。あえて、ほんとうにほんとうによかったです。

ホテルに帰ると、ホテルの門限である25時きっかりwセーフw
3日目もいろいろ盛りだくさんな日となりました。

夏休み イタリア旅行記 その3-1 ピサの斜塔・フィレンツェ

3日目は、ピサの斜塔を見てから、フィレンツェへ!いろいろ考えて、ローマの宿はそのままに、
フィレンツェにも1泊するようなスケジュールにしました。必要最低限のものをもって、ローマを出発です。

6:15 Termini駅発、 8:23 Pisa Central駅に到着。ということで、この日は5時すぎに起床!!
身支度しながら夫を起こして、テルミニ駅へ。
朝早いテルミニ駅は、旅行者がそれなりにいて治安が悪いような雰囲気ではまったくありませんでした。

この電車は日本でチケットを事前予約していったので(Trenitaliaという、イタリア国鉄で、HPから予約できます。)、
プリントアウトしたチケットをもってそのまま電車にのります。全席指定席でした。

IMG_3333.jpg


車内はこんなかんじ。まだ外は暗いです。

前日に買っておいた朝食。こちらのパンは甘いのが多いね〜ホントに。
昨晩お店でサンドウィッチを買おうとしたけれど、少し大きいし、これだと一つずつパックされているので
食べ残したときにオヤツとして持ち歩けるかな?とおもって、これにしました。
8個入りで、4.00EUROくらいだったかな?

IMG_3336.jpg

途中で、新幹線の車内であるようなワゴンサービスがあるっぽかったのですが、待てども待てどもこず。
朝ご飯のセットは注文をとりにきていて、それをデリバリーしているのは見たのですが・・・
車内の空調がききすぎていて、あたたかいコーヒーを飲みたかったのですが・・・


IMG_3335.jpg

IMG_3334.jpg

サングラスの下にあるのが、事前予約していったピサの斜塔のオンラインチケット レシートです。

IMG_3338.jpg

ウトウトしていると駅に到着。そこからバスにのってピサの斜塔へ。
これは、Pisa Central駅。

おりる停留所の名前がまったくもってわからず(下調べし忘れてしまったのだけれど、ガイドブックにも
書いてなかった)、人がけっこうおりた停留所で「ここがピサの斜塔の広場?!」と運転手さんにきいて
みたら"Si"といわれ、あわてておりました。乗り過ごすところだった!!!シャレにならないwww



IMG_3358.jpg

わーーお!!!ホンモノだ~!!!

ちなみに、ピサの斜塔の入場チケットも事前予約しておきました。入場の20日前から受付開始になって、
一昨年イタリア旅行をした妹によれば「どんどん予約がうまっていく」ということだったので、20日前に
しっかり予約。9時からの回で予約しました。
いや~、結構のぼるのがキツかったですww夫に手をひいてもらいましたw

お決まりの「手でささえるポーズ」などなどをしている人がたーーーくさんいましたが、斜塔見学を
終えた私達は無難に記念撮影して、一路Firenzeへ。今日も予定はツメツメなので!!

IMG_3368.jpg

夫はこっちの塔でお決まりのポーズをやっていましたww


IMG_3376.jpg


ピサからフィレンツェ サンタ・マリア・ノヴェッラ駅(略称 S.M.N)へは、普通列車で1時間ほど。
券売機でチケットを買って、また電車です。

IMG_3587.jpg

ちなみに、券売機はこんな感じ。

Firenze S.M.Nについたときにはちょうどお昼頃だったので、とりあえずホテルにチェックインして荷物を
あずけ、下調べしてあった、現地人おすすめのレストランへ。Trattoria i Due G というところです。
ちょうどランチタイムオープンしたばかりで、すんなり入れました。
そのあとはぞくぞくと現地の人が入ってきて(日本人カップルもいました)、すぐにいっぱいに。

IMG_3377.jpg

IMG_3379_20140910093134d26.jpg


お水とグラスワイン(白・私w)で乾杯!

IMG_3381.jpg

お水は、どのお店でも有料です。。ガス入り、ガスなしがあります。

絶対に食べたいと思っていた、ほうれんそうとチーズのリゾット!!!!!

IMG_3384.jpg

かなりボリュームがあって、これを2人でシェアしました。チーズたっぷり、そしてほうれんそうたっぷり!
色はすごいことになっていますが、味はさすが現地人のお墨つきだけあって、おいしい!Buono!!!

IMG_3387.jpg

こちらはお肉をローズマリーでしあげた一品。ハーブがきいていて、案外サッパリした味でした。

おなかいっぱい!

さてこのあとの予定は、18時に私の中学からの友人と会う、ということ以外またしても
何もきまっておらずw
とりあえず、このトラットリアから近いアカデミア美術館へ。Firenzeで夫が必ずみたいと言っていた
ダビデ像を見に行きます。

IMG_3391.jpg

いろいろなところにレプリカのあるダビデ像、ここのが本物です!しかし、このアカデミア美術館に
入場するのにかなり並んでしまいました。40分くらい並んだかな?

IMG_3393.jpg

夫「これ、よくばって集めすぎでしょうw」

IMG_3394.jpg

まーとにかくこういった宗教モノがおおいです。Firenzeだけでなく、イタリア全体がそうですね。

並んだわりにはアッサリと見学終了して、おつぎはジョットの鐘楼と、クーポラ、Duomoへ。

IMG_3397_2014091009315530b.jpg

Duomo広場にやってまいりました。さて、Duomoというのは教会のことで、無料で拝観できます。
となりにあるジョットの鐘楼

IMG_3401.jpg

と、クーポラというドーム型の屋根をもった建物は、有料です。タイミングよくジョットの鐘楼は行列
が長くなかったので、まずはこちらからのぼってみることにしました。ジョットの鐘楼とクーポラ
は共通券で、24時間有効です。

ジョットの鐘楼・・・階段が急なのと段数がおおいのと、手すりがないのと、せまいのと・・・
やっと踊り場のようなところに出られて、その場にいる人に「つ、ついに到着???」と言ったら
「シニョーラ、まだここは第一クオーターだよ」と言われて思わず「ええええええええ」と言ったら
そのへん一帯大爆笑でしたww夫にも爆笑されました。

で、膝がわらっているなか、やっとのぼりきって・・・

IMG_3406.jpg

キターーーーー!

IMG_3412.jpg

これぞイタリア!Firenzeの街!!

感動・・・疲れたけど感動・・・

ちなみに、このむかいにあるドーム型の屋根の建物がクーポラです。ここものぼることができて、
ジョットの鐘楼からもむこうの展望ポイントにいる人がよく見えます。

ひとしきり感動して、おりました。せまいから、人がすれちがうのがやっと、もしくは止まって
のぼってくる人をいったん通してからおりる、という感じです。おりる時のほうがもちろんラク!!

さて。この時点で16時頃になっていました。ホテルはこのDuomo広場から徒歩で3分ほどのところ
にとってあって、18時に待ち合わせした友人に持っていくお土産をとりにいかなければいけない
のですが、まだ時間は少しある・・・ということで夫の英断!「クーポラにはのぼらないで、Uffizi美術館
にいこう!!」と!

もうふくらはぎがガッチガチになっている私をひっぱっていってくれてUffizi美術館についたら、
長くも短くもない行列が・・・この美術館も、事前予約可能なのですが、予定がまったくわからなかった
ので予約はしていませんでした。

Roma Passと同じで、FirenzeにもFirenze Cardという観光客向けのカードがあって、それを持って
いると予約なしでもすんなり入れるのですが、こちらも旅のスケジュールを考えるとモトをとれるとも
思えず、購入していません。それ以外は当日入場口でならばなければならず、さらにClosseoと同じで
当日入場の列は行列必須とガイドブックにもかいてありました。なので、閉館まぎわか、朝イチで
並ぶべし、と。

どうも見ていると、内部のお客さんの増減によって、入場することができるようでした。
20人出てきたら、20人入場できる、といった感じ。あくまでも推測なので、実際はどういったシステム
になっているかは不明です。

なので、並んでいたとしても入場のタイミングが読めず、さらに東京で10月にUffizi美術館展をやるという
広告を見たばかりで、うう・・・どうしよう・・・FirenzeではXXのジェラートを食べたかったなあ・・・など
と思いつつも、一応は並んでいましたがなかなか入場のタイミングが訪れず(つまり行列も動かず)、
私だけ離脱してジェラートでも買ってこようか?とか、諦めようか。。。と話していたら、
行列がやっとうごきだし、入場できました!それも、入場できたのは私のひとつうしろの家族まで。
おもわず、後ろにいたアメリカ人と喜びあいました!!!!時間にしてみると、なんと40分くらい
で入場することができたので、なかなかラッキーだったのでは?
おお神様!!

とはいっても花より団子な私達、そして友人との約束もあって時間の制約もあったため、
膨大な数のコレクションの中から、ガイドブックをたよりに有名どころの絵を足早にばばーっと見学!!

有名どころといっても、結構たくさんありましたが、その中から抜粋。

IMG_3420.jpg

ヴィーナス誕生

IMG_3422.jpg

プリマヴェーラ

IMG_3423.jpg


受胎告知

IMG_3428.jpg

あれっ?またラオコーンなんだけど??アナタバチカンにいたよね??

IMG_3431.jpg

美術館内部に、こんなに雰囲気のいいカフェもあります。

IMG_3448.jpg

バッカス

こんな感じでまわりきることができて、美術館を退出したのが17時半!短い滞在だったけど、とっても満足。

急いでホテルに戻って身支度をととのえ、フラットな靴からウエッジソールの靴にはきかえたり
お土産をもって、いざ友人との待ち合わせ場所へ!うう、ふくらはぎがガッチガチ・・・またもや夫に
ひっぱってもらいながら、18時ぴったりに待ち合わせ場所に到着すると、友人とそのご主人が♪♪
それは次の記事でかきます♪

夏休み イタリア旅行記 その2-4 Dinner "babbo's"@Termini

いちおう、Dinnerにはこのお店にいこう♪と下調べしてあったお店があったので、また徒歩でむかったのですが
(お店の最寄り駅とホテルの最寄り駅が一緒だったので、徒歩で。)お店に入ってみたら大繁盛していて私達の
前にやってきた人たちも断られているか、予約をとってそのまま帰るか、という感じでした。一応今日何時なら
入れるか聞いてみたら22時とのこと!!!!!!あと2時間待たなければいけない・・・

日中ならまだしも、そのお店は大きな通りから少しはいったところにあって、一度ホテルに帰ってもう一回来るには
少し遠いし(ホテルから徒歩15分くらい)、暗くて怖いし、、、ととりあえずほかの日に予約を入れてホテルにまた
戻ることにしました。。

どうせお食事するならガイドブックに掲載されていない、口コミの評価が高いところを・・・と思っていたため、
食事に関してはほとんどガイドブックを読んでおらず、とりあえず一回帰って調べるか・・・と思って引き返した
のですが、そういえばホテルのフロントの人なら現地の人だし、どこかおいしいところ知っているかも?と思い
ついて、フロントの女性に聞いてみたら「ここがおいしいわよ。ホテルのおすすめ。」とお店のカードをくれました!
ホテルから徒歩3分ほど!行ってみたら、とってもにぎわっていて、なんだかよさそう!!

IMG_3324.jpg

"babbo's"というお店です。「XXXXというホテルで紹介されて来たよ!」と言ったら
「ボナセーラ!それはそれはようこそ!!!」と、テラスの席に案内してくれました。

まずはイタリアビールで乾杯♪

IMG_3325.jpg

スターターは、ナスとチーズ、トマトをつかったラザニアのようなもの。おいし~~~~~い!!!!!!!
2人でシェアしました(シェアすることはお店の方につたえました)

IMG_3327.jpg

ペンネ アマトリチャーナ。アマトリチャーナはローマでもっともポピュラーなソースなんだそう。
本場イタリアンの味!!!おいしい~!チーズがふんだんに使われていて、ボリュームたっぷりでしたが
夫と「おいしい~~!」といいながらぺろりといただきました。日本では食べたことがないような味!

IMG_3328.jpg

カプリチョーザ。生地もおいしいし、プロシュートの塩気とトマト、チーズ、オリーブが本当によくマッチして
最高!!!ビールをおかわりしてしまいました。(おかわりしようと思って、お店の方に目配せしたら、
ウインクされてしまいました。さすがラテンの国の男性!!ww)

カッフェもデザートもいらないくらいおなかいっぱいな私達に、お店の方からサービスでデザートをいただいて
しまいました。ビスコッテイのようなお菓子を、ブランデーにつけて食べてみて?おいしいから!といわれて
食べたら、ホント、おいしい~!イタリア料理ばんざい!!!!!!!

おなか満腹、とってもいい気分でお店のかたにお礼を言って、ホテルに帰ってきました。
翌日もハードスケジュールなわたしたちw、メールチェックしたり、身支度をととのえてから24時頃就寝。
2日目ももりだくさんでした。やっと2日目の記事が終了ww

IMG_3330.jpg

夏休み イタリア旅行記 その2-3 コロッセオ・フォロ ロマーノ

2日目の続きです。大作になってしまいましたww

コロッセオはメトロで"Colosseo"という駅があり、そこから歩いてすぐなのですが、ガイドブックによると
入場するまでかなりの長蛇の列に並ぶ可能性が高いため、閉場する1時間前か、朝イチで行くことを
おすすめします、とありました。

ガイドブックには閉場時間については"日没の1時間前"としか書いていないので、何時だろう??と
思いながら急いでむかったのですが、16時45分が最終入場のようでした。私達が到着したのは
16時前で、なおかつ行列もなくすぐに入場できたので、ラッキーでした!!!

ちなみに、Roma Passという、使用開始から3日間なら主要観光名所にチケットなしで入れたり
優待料金でチケットを購入することができたり、お店でも優待を受けることができたり、
鉄道・バスも乗り放題になる、というチケットがあるのですが、このPassにコロッセオの入場チケットが
含まれているので、並ばずに入ることができるようです。
スケジュールを考えて、モトがとれそうなら購入してもいいかもしれません。
私も最初どうしようか考えてみたのですが、スケジュールをぼんやり組み立てていくうちに
あまりモトが取れなさそうな気がしたので、やめました。

結局現地では地下鉄・バスの1日券(6.00EUR)を購入したのですが、1回券が1.50EURだったのを考えると、
超歩きまくった私達はこれすらモトをとれなかったかも?!w

また、ついでですが、各博物館・美術館・その他施設で事前にオンライン予約ができる場合のほとんどは
日にちだけでなく時間も指定しなければならず、さらに正規料金に加え予約feeのようなものをとられます。
予約feeはだいたい一人あたり2〜4EURと、ちりも積もればなんとやらなのですが、観光シーズンまっただなか
だったので、(スケジュールがあいまいだったので結局2施設しか事前予約していきませんでしたが)予約して
いってよかった~と思いました。
時間も指定していくから、その前後の予定もたてやすいですしね。

さて、夫がローマで一番行ってみたいと言っていたコロッセオ。上記のような理由で、長い行列に並ぶかも
しれないし、それなら最終日の朝イチに来てみようか、と話をしていたのですが、案外すんなり入れて
しっかり見学してきました。

IMG_3274_201409081623168ab.jpg

上手にとれているので分かりませんが、なんとコロッセオも半分修復中!!!!ローマ全体が修復中!!!w

IMG_3284.jpg

ここで格闘技が行われていたのか・・・それも壮絶なのが。ブルブルッ。。。

コロッセオ内の階段は急で、もうけっこう歩き疲れている私にはきついものがありました。夫にひっぱって
もらいながらコロッセオ見学をおえて、隣りにあるForo Romanoへ。古代ローマの遺跡群です。
ここも日没1時間前までが入場可能時間なので、注意!!Colosseo と Foro Romanoの入場券は
共通券で、いずれかの施設に入場した日と、その翌日まで有効なチケットです。

IMG_3302.jpg

IMG_3307.jpg

い、遺跡の佃煮じゃあ〜〜〜〜!!!!

と言ってしまうくらい、遺跡だらけwwwもう、遺跡見るのはおなかいっぱいwww

さて無謀な私達、もうへっとへとになっている夫に「真実の口って、ここから近いのかな?」とかわいく
言ってみたら「うーん・・・行ってみる?」と、これまた徒歩で行ってみました。途中疲れすぎて2人とも
無言になってしまい、さらに小雨になってしまって、傘を差して早歩きで歩く歩く!!!

ついた〜!!!無料だけど行列していました。いちおう教会の一角にあって、ここで写真を撮ったり
することのできる時間は(確か)18時少し前まで!季節によって時間の変動はあると思いますが、私達は
ぎりぎりでした。ちなみに、コロッセオから結構遠いです。

IMG_3315_201409091757412c4.jpg

こんなふうになっています。係員が写真をとってくれます。結構並んでいたので、1組につき3枚もとったら
「撮りすぎ」っていう雰囲気になります。2人でいって、それぞれ1枚ずつ、最後にツーショット、なんて
もってのほか。私はソレをやろうとしたのですが、その係員に「ハイハイ 2人で並んで並んで!!」という
感じでセッティングされ、2人して真実の口に手をいれた写真を2枚とってもらいましたww

なんと、1日でローマの主要観光名所をまわりつくしてしまった!!!!!!!!!

ただ、真実の口から最寄りのメトロの駅まではかなり遠く、とりあえずホテルでひといきつきたかった
私達はどうやって帰ろうかやや困りかけたのですが(疲れすぎて歩けなかった)、近くにTermini駅まで
いくバスのバス停を発見し、疲労を増幅させることなくホテルまで帰ることができました。ああ、神様!!

ホテルで一息ついて、dinnerへ!


夏休み イタリア旅行記 その2-2 スペイン広場・トリニタ ディ モンティ

夏休み旅行 2日目のその2です。

パンテオンをざっくり見学したあと、またまた歩いて!!!スペイン階段のあるスペイン広場まで
行きました。パリと違って、地下鉄が名所の近くに必ずあるわけではなく、バスの路線にもっと
詳しければあまり歩かずにすんだのかもしれませんが、いつも旅行で歩き続ける私達、今回も
たくさん歩きました。

ちなみに、名所をまわってくれる"101 Open Bus"もあります。1日券を買えば乗り降り自由で、
名所にはほとんどバス停があり、ガイド音声がバス内で流れているみたいなので、なかなか便利かも
しれません。けっこうな数のバスがローマ市内をまわっているので、これを足にして名所をまわる
人もかなりの数でした。

110open-colosseo3.jpg

(画像おかりしました)

さて、私達は地図を片手にスペイン広場にむかったのですが、途中トレビの泉があるので、日中の
工事中版 トレビの泉を見てみました。

IMG_3230.jpg


やっぱり修復中ww妹によると、月曜は泉のお水をぬいてお掃除するらしく、そんな風景もみてみたかった
のですが、かなわず。

かなり急な坂の上にある"メディチ邸"のあたりをうろうろして、やっとスペイン広場・トリニタ ディ 
モンティに到着しました。い、いやな予感・・・

IMG_3262.jpg

ここも修復中www!!!!ぷは〜〜一気に疲れたwww

それでも、スペイン広場には絶対に来てみたかったのです。その理由は、こちら。

IMG_3236.jpg

IMG_3256.jpg

スペイン階段の上にある教会「トリニタ ディ モンティ」には、私立学校が併設されていて、それが
私の母校のローマ校なんです。すべての姉妹校に飾られているマリア様の絵があるのですが、その本物が
この学校にあると(先生はいつも「ローマの休日の、あの階段の裏手です」とご説明なさったけど)、
中学生の時に聞いていて「ホントかな?」とずっと思っていて、今回の旅行では絶対に行きたいと
思っていました。

学校なので、関係者以外立ち入り禁止です(そういう看板も立っていました)。
母校では、世界の姉妹校共通の同窓会組織があり、高校卒業のときにそのバッジをもらったのですが
「それをみせれば世界中どこの姉妹校に行っても同窓生ということを証明してくれます」と言われて
いました。さらに「ローマ校のそのマリア様の絵を見たかったら、その同窓生バッジか、校章を持って
行きなさい」とも言われていました。
もちろん、中・高と大学の校章はきちんと保管してありますが、今回はいまだに出番のなかった同窓生用
のバッジを持っていきました。

入口が最初わからなくて、とりあえず敷地内にいる人に「同窓生なのですが・・・」と言い始めたら
「Mater AdmiRabilis?」と聞かれ「Yes!!!!」と興奮して返事をしてしまいました。このMater Admirabilis
というのが、すべての姉妹校に飾られているマリア様の絵の名前なのです。日本語だと「感ずべき御母」
で、さがしたらWikipediaにも説明がありました

無事受付に通され、「XXと言います。同窓生で、Mater Admirabilis を見せていただきたいのですが」
「どこの国からかな(ニッコリ)ジャッパンかな?コリーアかな?それともチャイナかな?」といわれたので
「ジャッポーネ・・・(ゴソゴソ)これが同窓生バッジです」と、まだ使用したことのないピカピカのバッジw
を見せたら「ああ、これが何よりの証だよ。ようこそ。Mater Admirabilisはこっちだよ」と、小さなお聖堂の
ようなところへ連れていってもらいました。夫ももちろん一緒に。もう、このやりとりだけで感動しました。

IMG_3254.jpg

こう書かれている場所へたどりつき、お聖堂の中にはいると・・・

IMG_3237.jpg

本当にあった!!!本当にあった!!!!
しばし言葉が出ず、とっても感動して涙が出そうになりました。

「よければ記帳していってね」と言われて記帳ノートをみたら、母校の先生や知っているシスターの
お名前もありました。また日本だけでなく、世界中の姉妹校から同窓生が訪ねてきている様子がよくわかり、
創立者のことばのひとつ、「わたしたちはひとつの家族です」というのを実感しました。
私ももちろん記帳したのですが、自分が中高の何回生なのか、大学の何回生かが思い出せず、
悩みながら書きましたが。。。たぶん正しく書けているはず・・・

この部屋には、ほかにも

IMG_3243.jpg

創立者のシスターと、創立当時に創立者といっしょに修道会や女子教育に貢献されたもう一人のシスターの御絵、

IMG_3244.jpg

歴代の総長様のお写真がありました。私が中学生のときに、ローマから総長様がお越しになったのですが
そのときの総長様のお写真もしっかりありました。ああ、ほんとうになつかしーい。

学校の内部はこんなふう。

IMG_3255.jpg

神父様ともすれちがいました。

受付でお礼をいい、学校をあとにしました。とても満足、心がいっぱい。本当によかった。


そして疲れがどーーーーーーーーーっと押し寄せてきましたwww相当歩いたからねwww
夫も相当疲れている様子でしたwww

とりあえずスペイン階段を下って(真正面の噴水も何と工事中!!!)、ちかくにあるおいしいティラミス
やさん、POMPIにむかいました♪

IMG_3258.jpg

スペイン広場を、階段上からみた様子。

IMG_3264.jpg

階段下から見た様子。このあたりは高級ブランドショップがならんでいます。

IMG_3265.jpg

これがPOMPI♪ こちらではほとんどのお店で最初にキャッシャーでお金を払って、そのレシートをもって
オーダーするという方式でした。

お店は大混雑!!!

IMG_3268_20140908162239c4e.jpg

ジェラートもあるけど、

IMG_3266.jpg

やっぱりティラミスを♪クラシックなフレーバーと、ピスタチオにしました。

IMG_3269_20140908162240450.jpg

そとのベンチでいただきます♪

IMG_3271_20140908162242cce.jpg

クラシックティラミス。

IMG_3272_201409081622437e3.jpg

ピスタチオティラミス。
夫と半分こしていただきました。あま〜〜い!でも、さすが本場の味?とってもおいしい!!!!

ひとやすみして、まだ15時頃だったので、次はコロッセオに行くことに!この分だとローマの主要名所
を1日でまわることができるかも!!と2人で疲れた足をひきずって、地下鉄に乗りました。
スペイン広場は、すぐ近くにSpagnaという駅があるので、そこからColosseoへ。つぎに続きます♪


夏休み イタリア旅行記 その2-1 ローマ バチカン市国・サンタンジェロ城・パンテオン

今日は夫が夏休み明け初日から泊まり勤務で、1週間ほどずっと一緒にいたせいかひさびさに夜1人で
寂しい!!!
それにお目目ぱっちりで、これは時差ボケか・・・?ということでさくさくブログ更新。

2日目は、ローマ観光。バチカン博物館を9時半に予約してあったので、それにまにあうように起床して
まずは朝食。観光客向けの三ツ星ホテルなのですが、このホテルに決めた1つの理由は、朝食会場。

IMG_3147.jpg

ちょっとぼけてますが・・・
ルーフ階でお食事できるんです。

IMG_3154.jpg

いい眺め~。イタリアに来たんだなーと実感。晴れていてとっても気持ちいい!

IMG_3149.jpg

IMG_3148.jpg

IMG_3156.jpg

こちらのパンは甘いパンが多く、朝からパウンドケーキがおいてあったりしました。生野菜がすくなかったですが、
驚くべきはチーズとハム!いろいろな種類があって、ハムもチーズ好きな私達はたくさんいただいてしまいました。
おかげさまでおなかいっぱいwwwヨーグルトも甘いwww
トマトとモッツアレラチーズにオリーブオイルをたっぷりかけたり、カマンベールチーズとハムでいただいたり、
カッテージチーズをパンにはさんだり。おいしい~~~。夏休み万歳!!

地下鉄にのってバチカン市国へ。博物館に入るために、ものすごーーーーーーーーーい長い行列ができていて、
事前予約してあってよかったです。セキュリティチェックをうけて、オンラインで予約したチケット購入のレシートを
窓口で見せてチケットをもらい、入館。オンラインでの入場予約は、開館時刻から30分刻みで時間が表示されるので
入場したい日と時間を指定して予約します。

IMG_3159.jpg

ここが博物館の入場口。バチカン市国に近づくと、いろんな人が「ガイドやります」と呼び込みをかけていて、それを無視
して歩いていると「博物館に行くの?私はオフィシャルの職員だから、安心して話を聞きなさい!」という人が出て
きますw見ると、職員ぽいベストをきていて、「私はガイドとかではない、私はバチカン市国についての説明をする仕事
をしている職員だから話を聞きなさい」と言われ、話をきいてみると、博物館への入場方法やその他について
詳しく説明してくれました。観光客はスリやぼったくりにあわないように、極力道端から呼び込みをかける人を
無視して歩いているので
彼がそんなふうに呼びかけてきたのも納得できます。

IMG_3160.jpg

チケットを交換して、いざ入場!

IMG_3173.jpg

ラオコーン。ガイドブックにものっていました。

IMG_3167.jpg

IMG_3179.jpg

IMG_3180.jpg

IMG_3182.jpg

IMG_3190.jpg

広いのもあるけど、とにかく美術品が多くて多くて。。。彫刻が多いです。
最初は一生懸命見ていたのですが、花より団子な私達はちょっと疲れ気味にww

IMG_3199.jpg

このアングルだと、バチカン市国だとわかりますね。

IMG_3198.jpg

スイスの衛兵がいます。

さて、バチカン博物館だけはガイドブックを読んでみて、観光ルート的に2日目の最初に必ず行こうと思っていたので
予約しておいたのですが、そのあとの予定が未定だったので、休憩しつつ、ローマの地図をみながらざっくり決めました。
まずはバチカンから歩いていけるサンタンジェロ城へ。5分くらい歩くとすぐつきます。

IMG_3210.jpg

これがサンタンジェロ城。テヴェレ川のほとりにあります。

IMG_3204.jpg

歩いている途中で振り返ってみてみた、バチカン市国。

つぎはサンタンジェロ城から歩いて、ナヴォーナ広場へ。ちょっと迷いかけましたが、ぶじ到着。
サンタンジェロ城から15分くらい歩いたかな?

IMG_3213.jpg

ここで少し休憩したのち、歩いてパンテオンを目指します。

IMG_3220.jpg

ついた~~~!パンテオン。無料で中に入れます。
この時点でちょうどお昼くらいだったかな?朝食にパンとチーズをたくさん食べた私達はまだ空腹とならずw
次に目指すはスペイン広場!つぎの記事につづきます♪

夏休み イタリア旅行記 その1-2 イタリア・ローマ編

いよいよローマ フィウミチーノ空港に到着!!現地時間で9月1日18:50ころ。ようやく到着ww

ホテルにタクシーを手配してもらっていたので、出迎えの人を探したら・・・"SIGN XXXXX"と、シニョールの
文字!!!おお、イタリア!!!
そこから、ローマのターミナル的な駅・テルミニ駅ちかくにとったホテルまで50分ほどでしょうか?
チェックインを済ませると20時半頃になっていたのですが、フロントで歩いていけそうな名所はないか聞いて
みたら、トレビの泉がwalking distanceだというので、意を決して行ってみました。テルミニ駅周辺は治安がわるい
と聞いていたのですが、フロントでも確認して、大丈夫そうだったので、れっつゴー!

で・す・が!!!!!!!!

IMG_3138.jpg

おや??


IMG_3139.jpg

なんと工事中!!!せ、せっかく15分くらい歩いていったのに・・・

気を取り直して、地図上ではトレビの泉の近くにあるという有名なジェラート屋、GIOLITTIを目指しました。
ですが夜で暗くて、まだ到着してから2時間程度しかたっていないので、どんなふうに歩いたらいいのかわからず・・・
イタリア人の超超かわいい女性がおしえてくれて、無事にたどりつきました。GIOLITTIはam 1:00まであいている
ので、私達がいった22時頃はまだまだお客さんでいっぱい!

IMG_3141.jpg

おいしそう~~~!!
お店の入り口でお金を払って、レシートをもってカウンターへ。好きなフレーバーを伝えます。

IMG_3143.jpg

夫は、チョコレートとバニラ、それに生クリームをつけてくれました。生クリームはフレーバーによって合う・合わないが
あるようで、お店の人がお客さんが選択したフレーバーをみてつけてくれているようでした。

IMG_3144.jpg

わたしは、ピスタチオとお店の人おすすめのフレーバーにしてもらって、生クリームをリクエスト!

IMG_3146.jpg

甘くておいしい!!!!!!!!!!!!!!!

とりあえず、満足w♪♪

そろそろ遅いので、また徒歩でホテルに戻りました。ホテルの空調がききすぎて寒いくらいでぶるぶるしながら
就寝。。

夏休み イタリア旅行記 その1-1 カタール・ドーハ編

私達が最初に乗ったカタール航空 羽田-ドーハの便はボーイング787 Dreamlinerという名前が
ついていました。初めてのったのですが、搭乗して・・・


IMG_3062.jpg

なんなんだこの微エロな機内!!!

そして、離陸すると・・・

IMG_3064.jpg

さらに微エロに!!!!w

ちなみに、カタール航空は5つ星エアラインで、安全性も高いとのこと。制服マニアな私は空港ですでにいろん
な会社のCAの制服をみてニヤニヤ興奮していたのですが、カタール航空もなかなかステキでした。

ただ・・・食事の配膳がとても丁寧なので少し遅いような。。。ちなみに、おしぼりはシトラス系(レモン)の良
い香りがします。

am1:00の便でも機内食がすぐに出てくると予想していたので(去年の旅行で学んだ)、お夕食は自制していた
のですが、やはり今回もそのとおり!すぐにヘビーな「夕食」がでてきました。食いしん坊でミーハーな私達夫
婦、テンションあがって参りましたぞ!

IMG_3067.jpg

IMG_3066_20140908122000c74.jpg

ピンクの照明のせいで、こんなふうな写真にw

IMG_3069_20140908122003298.jpg

よっぽどお腹がすいていたのでしょう、メインミールを開封する前の写真ですwwこれしかありませんww

2人ともビーフです。今回の機内食を通して共通だったのは、パンがとてもおいしく、デザートのケーキが甘い
!!デザートのケーキが(このときは抹茶ケーキだったけど)フォンダンショコラのようなもので、さらにスナ
ックでGODIVAのチョコがついているってどういうこと?というときもありました。(もちろん食べたけど!)

お夕食には、シャンパンを飲んで赤ワインを飲んで、非常にいい気分になりました。

ところで、いまはどこもそうだと思いますが、事前のリクエストで機内食をいろいろアレンジすることができま
す。たとえば、ベジタリアン食、ダイエット食とか、宗教食、フルーツ食、糖尿病用食、などなど。今回は試し
ませんでしたが、いつか試してみてもいいかも。

そして、映画をみたりして朝食のお時間。朝食のお時間は、ブルーのライトw

IMG_3072.jpg

クロワッサンがとてもおいしい!!!

ドーハに到着しました。現地時間で朝の6時頃。

IMG_3082.jpg

新しいハマド国際空港ではおおきなクマちゃんがお出迎え!!!

IMG_3085.jpg

さすがお金持ちの国、メルセデスのほかにも高級車がいくつか飾ってありました。

IMG_3088.jpg

空港は広い広い。だだーーーっぴろいです。カタール航空のハブ空港ですね。

ところで、乗り継ぎ時間の7時間55分の間なにをしていたかというと・・・

IMG_3086_20140908122028cbc.jpg

カタール航空主催の、Doha City Tour(無料)に参加してきました。
事前に調べていったのですが、ハマド国際空港は新しくなったばかりであまり情報がなく、出発直前にようやく
少しだけ情報をつかんでいったのですが、もし情報をお探しの方がこのページにたどりついたときに参考になる
ように記録しておきます。

【シティツアーの登録・参加方法】
- まずドーハについたら、乗り継ぎ用のセキュリティチェックを受けて、空港内の免税エリアへ。
セキュリティチェックは上階(何階かは不明なのでこの書き方にしました)、免税エリアはその1つ下の階に
あって、エスカレーターで降りると↑のクマちゃんが見えます。

- そのクマちゃんの近くに、↑の"City Tour"とかいてあるカウンターがあります。セキュリティチェックの階
からエスカレーターをおりてわりとすぐなので、見落とさないように注意!

- そこで、City Tourに参加したい旨を申し出ると、パスポートとチケットを提出しなさい、そして30分後に戻
ってきて、と言われるので、その通りにします。私達がいったときにはすでに6冊くらいパスポートとチケット
がカウンターの上に並べられている状態でした。大丈夫かな・・・と思いつつ(途中で偵察に戻って来つつ)置い
ていきましたが、何も問題ありませんでした。人数制限があるtour なので、絶対に参加したい人は降機したらセ
キュリティチェックまで急いでいったほうがいいかもしれません。

1日に4〜5回あるようで、1回3時間をみておけば十分だと思います(Tour guideさんは2時間30分と言ってましたが)。私達は、一番早い回で7:15にregistratin close 8:00 tour start(カウンターに、各回のregistration close/tour start time がかいてあります)でした。

- パスポートを取りに戻ると「7:15にこのカウンターにもう一回きて」と言われ、その時間に行くと、参加登
録をした20名弱の人が集まっていました。

正しくは、18名くらいの人が集まっていて、時間通りにこなかった2人組をみんなで20分くらい待っていました
・・・職員がしびれをきらして、パスポートをセキュリティボックスに入れて立ち去ろうとしたら(彼女たちはパ
スポートすら取りにきていなかった・・・)やっと登場、みんなから白い目で見られていました...

- それらが終わると、入国証のようなものを渡されます。

IMG_3092.jpg

これをもって、Tour参加者は職員につれられてゾロゾロと入国審査へ。ビザ(有料)を持っていませんが、この
Tour参加者は無料で入国できます。パスポートにスタンプだって押されます!

入国審査が終わると、職員とはさよならして、ここからTour Guideさんにつれられて小さなマイクロバスで出発
!!今回は補助席もすべて使ったので、きっと参加者枠がすべてうまったのだと思います。


それではシティツアーとはどんなものか??

ここに詳細があります。カタール航空のシティツアーについてのページ。

カタールはお金持ちじゃないと住めないような国のようで、税金や医療費、水道費はすべてタダなんだそうです
。しかし、土壌が肥沃なため、作物が育たず、そういったこともあって住むにはお金がかかるようです。とにか
く、暑い!!!!!!!

IMG_3100_20140908122038203.jpg

ニュードーハシティ。外にでて、写真撮影しましたが暑い〜!!
この光景をバックに夫と記念撮影しました。

IMG_3106.jpg

Museum of Islamic Art

建物の上のほうに空いている穴が、イスラム教の特徴?シンボル?をあらわしているのだそう。
具体的には、アバヤの「目だし部分」を模しているようです。

カタール航空のHPにのっている「はにまる君」みたいな建物の場所にも行きました。その先に待っていたのは、
劇場??

IMG_3114_20140908122042eb7.jpg

IMG_3115_201409081220475f0.jpg

ここでオペラとかやるらしいですが・・・

ほかにも、超高級ショッピングモール(ブランドのお店ばかりと、マセラティ、フェラーリ、メルセデス・・・の
展示場完備)

IMG_3122_20140908122049dfb.jpg

スークワキーフ
(スーパー的なところ)

IMG_3127_201409081220502cf.jpg

にも行きました。私は、ノースリーブのワンピースにUVカットのパーカーをはおっていて、フードまでかぶって
いたのですが、これで案外涼しかったです。夫は半袖ポロシャツでしたが、暑そうでした・・・

IMG_3130.jpg

スークワキーフ内での自由時間に。テラスで飲んでいたら、フラペチーノがどんどん液体に!!

クレジットカードが使えるので、現地通貨をもってなくても大丈夫。(お店によっては、使えないところもあり
ました)

スークワキーフでは、アバヤやトウブ(男性のシャツドレスみたいな服)が売られていて、とても興味深かった
です。

ツアーの途中でミネラルウォーターの配布もありましたww

IMG_3116.jpg

参加者一同、拍手喝采!!

3時間ほどのツアーを終えるころにはみんな暑くてへとへと、やーっと空港に戻ってきた、という感じでした。
ちなみに、日本人は私達2人とそのほかに1人いました(話しかけませんでしたが)。

カタールを出国するので、出国審査エリアでパスポートにスタンプを押してもらい、次の便の搭乗エリアへ。
いよいよカタールを出国して、イタリア ローマへ!!次の便は、微エロなボーイングではなくエアバスでした
ww

IMG_3134.jpg

この路線は、帰りもそうでしたがカトラリーがプラスチックではなくてステンレス!(写真で見えるかな?)

IMG_3135.jpg

また、ビーフでございます。甘いケーキもついていて、もちろん完食!!!!

IMG_3136.jpg

ミニおやつつき。暑かったので、シャンパンと白ワインをいただきました。手前の、しゅわしゅわしているのが
シャンパンですww

つぎは1日目その2(なのでブログのタイトルも1-1と1-2)、イタリア編!

夏休み イタリア旅行記 出発編??

今年の夏休みは、イタリアへいってきました。昨年以上に強行軍で行ってきたので、少し疲れましたが思い返してみると、やっぱりまた行きたいな〜と思える旅行でした。

私は8月30日(土)からお休み、
夫は9月1日(月)から(8月31日の夕方くらいから)夏休み、
そして、私達の結婚式2次会に来て下さったサークル先輩の結婚式2次会が8月31日(日)夜、、、

このスケジュールで最大限楽しめる旅行にしようといろいろ考えて、5泊7日(実質的にはは5泊9日?)の旅程になりました。まず出発便は9月1日1:00羽田発、カタール経由(乗り継ぎ時間7時間55分)、9月1日18:50ローマ着、という旅程!!一見、なんでそんなスケジュールに・・・と思えるかもしれませんが、そのうち、一応はこの乗り継ぎスケジュールでも楽しめたことをお分かりいただけることと思いますw♪

日本を出発するまでも、結構いろいろあったので、かいておきます!ご興味のあるかたはどうぞ^^

8月30日(土)はお掃除・洗濯をして実家へ。とくにすることなかったけど、時間があまったので(笑)
夫は日付がかわって1時ころに帰宅してきました。明日はちゃんと帰宅してくるのか、旅行にいけるのか、一抹の不安・・・

31日(日)はいつもより少し早めに仕事にでかけた夫を見送り、お掃除、洗濯、そして2人分の荷物のパッキング、2人分の機内持ち込み荷物準備、2次会の準備(いつも母や妹にやってもらっていたヘアセットも今回は自分でやるしかない!)。。ヒヤヒヤして待っていましたが、午後遅めに帰宅してきた夫と遅いランチをとり(計画的にお料理をしたおかげで冷蔵庫がからっぽになった!)、お風呂にはいったり、身支度をととのえる夫のかたわらで2度目の洗濯をして私は表参道での2次会に出発。夫にはパスポートや現金などの貴重品は託して、スーツケースと機内持ち込み荷物だけを持って表参道まで行きました。

そして2次会終了間際に、おなじ会に出席していた妹に2次会の衣裳をあずけて、羽田へ。ヘアは、2次会のまま(笑)品川で彼と合流して、2次会用にバリバリにアップしたヘアやメイクを落とすべく、私だけ羽田でシャワーを浴びてやっと出発準備ができました。この時点で8月31日(日)22時。もう、一仕事終えたような気分に(笑)

やっとひといきついた私達、チェックイン後は新しい羽田をぶらぶら散策しました。

IMG_3045_2014090812194006b.jpg

時間的に、閉まっているお店も多くありましたが、江戸の街並みを模したショッピング&レストラン街。

IMG_3049_20140908121945f72.jpg

こんなのもあったり、鎧がかざってあったりしました。
回転寿司やおそばやさんなど、普段ではそんなにお高くないものも、値段がいわゆる"空港価格"になっていて「高い!!」といいながら散策wwただ、すでにお腹ペコペコなふたり、焼肉やさんやトンカツに目を奪われつつ、なんとか自制!

IMG_3056_201409081219484d9.jpg

ふなっしーストアもあった!!!私は記念撮影しました(笑)

出国審査をおえて、免税エリアにいくと、こんな人形も売られていて、ちょっとだけ欲しくなったりしました。

IMG_3058.jpg

このお店には素敵な汁椀が売られていて、本当にほしくてほしくて、、、目にしっかり焼き付けてきました(笑)。

これでやっとBoardingへ。長い一日でした(笑)
プロフィール

ひめ

  • Author:ひめ
  • みなさまごきげんよう。ひめです。
    2013年に結婚して、まだまだ新婚気分です♪
カテゴリー
最近の記事
トゥヴェール 楽天
楽天でもお店出したのね~。これ、ホントにいいです。私のやりかたは、はがせるコットンに水を含ませて、手のひらで(平たいまま)軽く水気をきって、この水溶液をふくませてコットンパック。水溶液は冷蔵庫でいつも冷やしています。毛穴はひきしまって小さくなるし、美白効果ばつぐんだし、これ以外の美白モノは使ったことありません。
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
最近のコメント
かうんたー
2008年2月14日から稼働ちゅー
月別アーカイブ
いま姫に謁見してる人数
現在の閲覧者数: